記事提供:Entame Plex

雨の日のフェスもそう、なぜ人はびしょ濡れになるとテンションが上がるのか…。

そんな疑問に答えるべく、というのは建前だが、3月12日に東京・渋谷club asiaで開催されたパーティ「泡パ‒アフロマンス BirthdayBash!!-」に参加してみた。

このイベントの目玉は、DJブースの前に大砲が2台設置され、ダンスフロア目がけて泡キャノンを発射するというもの。

ズドンと泡が放出し、アッパーなEDMに体を揺らす来場者たちの上に降りかかるとテンションは最高潮!地面をすくって隣の子を泡まみれにするもよし、自ら泡まみれになるもよし、歓声とともにパーティピーポーは、常夏気分を味わっていた。

この企画は、街中を巨大ウォータースライダーに変える「Slide the City」、平日の朝から踊って出勤する「早朝フェス」など、話題の体験型コンテンツを提案するパーティクリエイターのアフロマンス率いるAfro&Co.が仕掛けたものだ。

Afro&Co.が、パーティの聖地・スペインのイビザ島でおなじみの「泡パーティ」を日本に持ち込んだのは2012年からで、4年目を迎える。

今年からは新たな試みとして、来場者自らがキャノンを操作する「泡ぶっかけ体験」もスタートした。

さて、「びしょ濡れ→テンションMAX」の法則だが、答えは簡単。どうやら人間ってやつは、普段しばられている出来事から解放されると思わず雄叫びをあげてしまうらしい。

「雨が降ったら傘をさす」「濡れたら水滴を拭き取る」。そんな常識から解き放たれると、思わず手をあげ、DJにレスポンスしてしまうのは当然のことだろう。

会場にはイビザの泡パーティ同様、セクシーな衣装に身を包むダンサーも登場して、パーティを盛り上げる。

過激ながらも、イベントとしてクラブ初心者でも楽しめる「泡パ」。ここ渋谷club asiaでは、今後も月イチで開催される予定なので、スケジュールをチェックして、この愛すべきバカ騒ぎを一度は体験してみては?

半袖短パンに着替えたら、泡のなかで踊りまくろう!あ…、もちろんタオルと着替えは忘れずに!

泡パ2016@渋谷club asiaスケジュール

4月9日(土)、5月7日(土)、6月4日(土)、7月2日(土)、8月6日(土)、9月3日(土)、10月1日(土)、10月29日(土)

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス