最近、漫画や小説を実写化した映画やドラマが多数製作されています。
漫画や小説が原作とあって、出演する俳優さんのファンだけでなく、原作のファンの方も映画館に足を運びやすいですよね。

この『実写化映画』、近年よく見られますが、実は90年以上も昔から存在していました。

『ノンキナトウサン』
1924年に発表された麻生豊先生の4コマ漫画です。
内容としては、失業者である主人公の『トウサン』が、職に就くため俳優、巡査などになりながら奮闘するも、結局貧乏な生活に戻ってしまう...というもの。

ノンキナトウサン

出典 https://rnavi.ndl.go.jp

国立国会図書館 リサーチナビ 第10回大正デモクラシーとメディアより

ノンキナトウサン アニメ版

出典 http://toyfilm-museum.jp

おもちゃ映画ミュージアムより

この漫画が作成されたのは世界恐慌や関東大震災で暗くなってしまった人々の心を明るくしたい、という思いから「報知新聞」の編集局長が作者に依頼し、連載がスタートしたとのこと。
キャラクターが人気となり、グッズや広告に使用され、単行本も人気を博したこの漫画は、1925年に3本、1946年に1本と4度に渡って実写化されました。

切手にもなっていた

出典 http://15.pro.tok2.com

麻生豊氏(右)

出典 http://www.coara.or.jp

麻生豊の世界より

今でこそ当たり前にある漫画ですが、半世紀以上昔からあり『漫画を実写化する』という発想があった事に驚きます!
そして、みんなを励ましたいという思いから作られたものということに、昔の人の優しさ、協調性を感じます。

そんな昔からある実写化映画、たくさん作られており、今年も公開が控えているものが多数あります。

ちはやふる 上の句(3月19日)・下の句(4月29日)

出典 http://eiga.com

コミックス累計発行部数1600万部突破(2016年3月時点)の百人一首に青春をかける高校生たちの熱き戦い

僕だけがいない街 3月19日公開

出典 http://eiga.com

過去に戻される力を持つ主人公が、18年前の小学生に戻され、過去の後悔と疑念を解いていく・・・謎を解き未来を変える事ができるのか?

暗殺教室ー卒業編ー 3月25日公開

出典 http://eiga.com

「殺せんせー」の本当の正体、なぜ担任になったのか、誰との約束なのか・・・殺せんせーの過去が明らかになるとき、果たして暗殺は成功するのか?

アイ アム ア ヒーロー(R15) 4月23日公開

出典 http://eiga.com

突然人々がゾンビ化し、人間を襲い始めた。ライフルを所持した妄想癖のある主人公は、生き延びる事ができるのか?また『ZQN』とは何か?

テラフォーマーズ 4月29日公開

出典 http://eiga.com

火星で進化したゴキブリ(テラフォーマーズ)を駆除するため、様々な生物の遺伝子を組み込まれた戦士たちが火星で死闘を繰り広げる。勝つのはスーパーゴキブリか?スーパー人間か?

オオカミ少女と黒王子 5月28日公開

出典 http://cinema.ne.jp

友達についた嘘を本当にするため、学園の王子様と付き合うことに。しかし、王子様の正体は、ドSな黒王子だった!!オオカミから黒王子の犬(ペット)となってしまった主人公・・・二人の関係に進展はあるのか!?

原作が面白いだけに実写化に抵抗があったり、作り手側はプレッシャーがあったりしますが、漫画大国・日本。面白い漫画の数だけ、面白い映画がたくさんできるといいですね!!

この記事を書いたユーザー

sfgoingmerry このユーザーの他の記事を見る

二児の育児に迷いと楽しさをあわせ持ってるアラサーママです。育休中に少し記事書きに挑戦したいと思ってます。初心者で小心者ですが、宜しくお願いします‼︎

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス