みなさま、「レット・イット・ゴー」を発音すると「レリゴー」になるのはご存知でしょうか。

ツイッターユーザー「りゅうのすけ(@harapeco_ryu)さん」のつぶやきに添付された画像に、発音の良さを感じましたのでご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

学習版クロスワードパズルの「ある一文」がピックアップされたツイートですね。
小学校低学年のテストと思しきものですが、帰国子女顔負けの解答が素晴しいです。

◎どんな問題なの?

このテストは、4つの問題から構成されております。

1.こむぎを こねて つくった ほそい めん。ゆでて めんつゆに ひたして たべるよ。

2.がっこうに ある チョーク などで もじを かくための おおきな いた。

3.さんかくけいの がっき。ばちで うって おとを だす。

4.ぎゅうにゅうと たまごと さとうに ねつを くわえて かためた おかし。

問題と共に絵も添えられておりますので、小学校低学年児童でも分りやすい問題だと思われます。

では、答え合わせをしてみましょう。

1.うどん(うどん)

2.こくばん(黒板)

3.とらいあんぐる(トライアングル)

4.ぷりん(プリン)

これで間違いはないと思いますが…

◎解答はこちら

1.うどん、間違いありませんね。
2.こくばん、間違いありませんね。
3.とらいあんごう、間違いありませんね。
4.ぷりん、間違いありませんね。

そして、赤字で囲まれた部分が最終的な解答になるのですが、「どんごり」ですか。

どんごりってなんやねん(笑)

もう一度、見直してみましょう。
ん、

3.とらいあんごう

全ての元凶はこちらでした(笑)

◎ツイッターでの反応は

確かに、発音は大事ですけどね。

小学校低学年で「あんごう」と言い切るのは凄いですよね。

皆、レリゴーは自然に発音するのですがね。

そうでしょうね。わたくしも英会話教室に通っている子供だと思いました。

「どんごり」はルイボスティーふきました(笑)

結局、「どんぐり」になるべくところが「どんごり」になってしまったということですので、答案には「×」がつくのでしょうね。

国語と英語の違いが分る年頃になれば、こういったケアレスミスも減るのでしょうが、トライアンゴー精神を忘れずに頑張ってほしいですね!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス