記事提供:バズプラスニュース

これ、アウトドア用のモバイルバッテリーとしてすごく良いんじゃないでしょうか。

・ポケットに入れて歩くだけ!!

写真のAMPYは、運動によるエネルギーを電力に変換してくれるモバイルバッテリー。腕や足に取り付けて走ったり、ただポケットに突っ込んで歩いたりするだけで蓄電され、USB経由でスマートフォンなどのデバイスを充電することができるのです。

・3時間駆動する電力を確保

1万歩のウォーキングや1時間のサイクリング、30分のランニングで、およそスマホが3時間駆動する電力を確保。AMPYからデバイスへの充電は、壁のコンセントを使うのと同じくらいの速さで行うことができます。

・コンパクトなサイズ感

大きさは約6.4cm×6.4cm×1.9cmで重量は140g。単純にモバイルバッテリーとして見てみてもコンパクトなサイズ感で、この点もかなり魅力的と言えるでしょう。

・削減できたCO2の排出量を記録

また専用のアプリが用意されており、生成した電力の総量や、そのために消費したカロリー、AMPYの使用によって削減できたCO2の排出量を記録することもできます。

今後も開発が進み、発電性能が向上していけば、いずれAMPYだけで、スマホの電力がすべて賄えるようになるかもしれませんね。

お値段は99ドルで、約11000円ほどです。公式通販サイトで購入することができ、2個セットで購入するとお安くなるみたいですよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス