みなさま、子供の頃、得意な教科や苦手な教科があったかと思います。
わたくしの場合、数学と関西弁は得意でしたが、算数と国語が苦手でした。

ツイッターユーザー「あしぃ(@asi1024)さん」のつぶやきでの親子の会話の一コマがいい意味で子供らしくないと思いましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

電車の中で、お母さんと5歳くらいの男の子が、数遊びをしていたそうです。
こんなやりとりだったそうです。

電車で数遊びをしている5才くらいの子がいる。

男の子「にぃ、さん、ご!」

母親「そうね、2たす3は5だね。」

出典 https://twitter.com

微笑ましい親子の会話ですね。

男の子は算数を覚えたてのようで、お母さんにほめてもらいたいのか、大きな声で数を数える様子が目に浮かびます。

男の子「なな、じゅいち、じゅーさん!」

母親「違うでしょ、16でしよ。」

出典 https://twitter.com

あらあら、5歳に二桁の足し算はまだ難しいようですね。

ちなみにお母さん、7+11=18かも知れませんよ。

男の子「じゅーなな、じゅーきゅ、にじゅーさん、にじゅーきゅ、さんじゅいち!」

ざわ、ざわ。。。

出典 https://twitter.com

あれ、あれ、

足し算ではないようですね。勘の良い方は直ぐに気づいたかと思いますが、まさかの素数ですね。

◎素数とは?

素数とは、自明な正の約数(1 と自分自身)以外に約数を持たない自然数であり、1 でない数のことである。つまり、正の約数の個数が 2 である自然数のことである。例えば、2 は、正の約数は 1, 2 のみなので素数である。一方で 91 は、正の約数が 1, 7, 13, 91 なので素数でない。素数でない 2 以上の自然数を合成数と呼ぶ。また、2 を除くすべての素数は奇数であり、特に奇素数と呼ぶ。
100以下の素数は、小さい順に次のようになる。

2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83, 89, 97

出典 https://ja.wikipedia.org

要するに、割り切れる数が有るか無いかということですね。
素数の場合、1と自身以外有りませんので。

◎ツイートはこちら

お母さんの知らないところで、素数をマスターしていたということでしょうか。

子供は、大人よりも記憶力が良いという見方もありますから、素数の意味を理解せぬままに暗記しただけかもしれませんが。

◎ツイッターでの反応は

そこ、ツッコんでしまいますよね(笑)

ウーロン茶、ふきました(笑)

16と聞いて、引き算とか割り算とかいろいろ考えてしまいました。

本当の話でしたら、将来有望ですよね。

すみません。意味がよく分りませんでした。

5歳児が「素数」を…というのも衝撃的のようですが、それ以上にお母さんが7+11を16といってしまったことのほうに興味を持った方も少なくないようですね。
わたくしもその一人ですが。

暗記ならまだしも、5歳で素数の概念を知り数えていたとしたらいい意味わるい意味含めて末恐ろしいですね。

個人的には、5歳児は5歳児らしくそれなりに成長してほしいと思うのですが、そうも言っていられない時代なのかも知れませんね。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス