現在、世界中で注目されている…ペットボトルで紐を作る道具『ペットボトルカッター』。先日、クラウド・ファンディング『Kickstarter』でも話題となり、我が“spotlight”でも、記事として取り上げられていましたが…

今回紹介するのは、そんな話題の商品を、身近なモノで作ってしまおう!というDIY動画でして、たった数点のアイテムで、驚くほど簡単に夢の道具『ペットボトルカッター』が作れてしまいますので、是非、この機会に作り方、覚えておいて下さいね!

用意するのは

■鉛筆削り
■ステンレスワッシャー
■ネジ2個
■ドライバー
■カッター

の5点のみ!なお、今回は、机にペットボトルカッターを固定しますが、通常は、板などに固定すると思いますので、ある程度しっかりした板も一緒にご用意下さい。では、早速ですが、ペットボトルカッターの作り方、紹介していきたいと思います。

まず、鉛筆削りの刃をドライバーを使って取り外します。

切れ味鋭い鉛筆削りの刃。十分に注意して取り外して下さい。

次に、ホームセンターなどに売っているステンレスワッシャーを10枚ほど用意し、↑のように、5枚×2段で並べて下さい。

続いて、ネジでステンレスワッシャーを固定するのですが…

これはあくまでも仮止めになりますので、完全に締めないように注意して下さい。

ちなみに、ワッシャー同士の間隔は、5~6mmがベストな間隔です。狭すぎると、スムーズに紐が出てきませんし、あまりに広げてしまうと、これまた、上手く紐が作れないので、5~6mmになるように調整して下さいね。

さて、ここからが最も重要な部分なのですが、先程、ネジを仮止めした事によって、スレンレスワッシャーに遊び(隙間)があると思います。ここに鉛筆削りの刃を…

机奥側に向けて挟み込み…

仮止めだったネジをしっかりと固定して下さい。
(机奥側に刃を向ける理由は、ひも状になったペットボトルを、スムーズに取り出し易くする為です。)

あとは、ペットボトルを用意し…

下のボコボコ部分を

カッターでカット!

そして、ペットボトルを少しだけ斜めに傾けながら、ペットボトルカッターの刃に、ペットボトルの淵部分を奥から手前に当て、持ち手を作れば…

ペットボトルカッターの完成です!

引っ張るだけで、一瞬にしてペットボトルから紐が!

では、緊急時にも役立つ…ペットボトルカッターの作り方。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

覚えておいて損は無し!

なお、この手作りペットボトルカッターの良い所は、鉛筆削りの刃の“挟む位置”で、紐の太さが調整できるという点。(ワッシャー上部に刃を挟むと太い紐、ワッシャー下部に刃を挟むと細い紐)これは本当によく考えられていますよね。

車を牽引するほどのパワーを持つと言われている…ペットボトル製の紐。興味を持った方はこの機会に是非!制作してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス