元セクシー女優で、ドラマ化もされた大ヒット漫画『アラサーちゃん』『女くどき飯』の作者である峰なゆかさん。自身のリアルな経験を元にした恋愛話は女子に大ウケ。恋活女子に恋愛テクニックを伝える恋愛講師としての活動も多くこなす彼女ですが、実際にどんなことを教えているのでしょうか。

3月某日、都内のあるダイニングカフェで開かれた、恋活サービス「タップル」主催・峰なゆか流恋愛テクニックを実践する“合コンイベント”に取材に行ってきました。峰なゆかさんのテクニックとは、どんなものなのでしょうか?

峰なゆか直伝のテクニックの効果とは?合コンで検証!

参加するのはこの10人

上段左から、かなえさん(29)、幸子さん(32)、りえさん(30)、ひかるさん(28)、あみさん(32)。

下段左から、ふみやさん(27)、シンさん(27)、かっつんさん(30)、ケイタさん(30)、くるくるさん(24)。

今回、10人には今流行りのウェアラブル端末、心拍数を測れるSmartBand 2を腕につけて合コンに臨んでもらいました。

元々は、睡眠や消費カロリーなどの計測、さらに心拍の情報を記録できるライフログ的な役割をもつSmartBand 2。トレーニング時などに多く使われていますが、運動以外の心拍数ももちろん記録できるわけで、ドキドキを可視化するのにピッタリなんだそう。

今回はそんなSmartBand 2を使って、合コン時のドキドキポイントをチェックしていきます!

SmartBand 2をつけて、合コン開始!

「かんぱ〜い!!」

果たして、男性をドキドキさせられるのか…。峰先生から女性メンバーが学んだテクニックとは一体どんなものなのか!?

いざ、合コン開始です!

1. 髪をくくってイメチェン効果

峰先生いわく、合コンの途中に髪型を変えるのは効果的なのだそう。

そのアドバイスを勇気を出して実践してみたかなえさん。髪をひとつにまとめてアップに。本人は「男性陣のリアクションは特に分からなかった。」と語っていましたが、目の前に座っていたくるくるさんは…

ドキドキ。心拍数が高まっていました。

トイレから戻ってきた際など、注目度が高い時に挑戦するとさらに効果が得られそうです。

2. 関西弁でキャラかぶり回避

合コンで気をつけるべきなのは、キャラかぶり。キャラがかぶるとせっかくの武器もかすんで見えてしまいます。そこで峰先生は、キャラかぶりが判明した時点での早々のキャラ変をすすめています。

峰先生自身、女性メンバーとの巨乳キャラかぶりが判明した際には、シャツのボタンをしめて、隠れ巨乳キャラを演じたり、めがねをかけてメガネ巨乳キャラになるのだそう。

かなえさんとポニーテールキャラがかぶってしまったひかるさんは、実は大阪在住。話のはしばしに関西弁をにおわす関西弁キャラにキャラ変しました。

3. 「あえてのS」宣言

峰先生いわく、「男女の会話で盛り上がるのは結局下ネタ」。ただし、どぎつすぎるのはNG。合コンの鉄板トーク「SかMか」ネタは堅いのだそう。

しかし、ここで普通の回答をしてもおもしろくありません。普段きつそうに見えるタイプの人は「M」を、清楚でおとなしそうに見えるタイプの人は「S」を。つまりギャップのある回答をすると、男性陣は一気に興味が湧いてくるのだそうです。

おとなしそうに見られるというりえさんは、ここで迷わず「S」をチョイス。インパクトがあったのか、定番ネタのSM論争も合コン終盤まで何度も会話の中に登場。

実はシンさんもSMトークの時に、心拍数が最高潮に達しました!

「やはりSMトークはドキドキしますね。ドMと告白した瞬間は自分でもドキドキしたことが分かりました。(笑)SMトークなど軽い下ネタ系を女の子から振ってもらえると場も盛り上がっていいですね。」と合コン後にコメントしていました。

その後、緊張もほぐれたところで、好みの相手を発表する「指名制の席替え」をし、合コンは多いに盛り上がりを見せ後半戦へ。

4. 若い子に並ぶよりも、「大人らしさ」をアピール

女性メンバーの中でも、年上の幸子さん。普通なら、若い子に並ぼうと若作りをしてしまいがちですが、峰先生いわくそれは絶対NG。大人にしかない魅力で勝負した方がいいのだそう。

女性メンバーが自分より若い場合は、あえて大人っぽい服装で行く。幸子さんに峰先生は
「周りに合わせないで、素の自分で勝負した方が幸子さんの魅力が際立つ」とアドバイス。

男性の中でも大人な雰囲気のかっつんさんの心拍数はこちら。他の女子とは違う仕事の話もできる幸子さんとの会話にドキドキしていたようです。

5. 男性をものとして扱うボディタッチ

モテ女子の必殺技であるボディタッチも、場合によっては諸刃の刃なのだという峰先生。やりすぎると男性がひいてしまうので、あくまでもさりがなくがポイントなのだそう。

男性をモノとして扱えばいい。ちょっと立つときに、男性の肩とか膝を壁やソファの背もたれみたいに支えにするとか。」

そうアドバイスをした峰先生ですが、女性メンバーはこれに苦戦。「恥ずかしくてできませんでした」とあみさんは振り返ります。

しかし、ひかるさんは積極的。タイプだというケイタさんのひざに、自身のひざをツンツン。これも峰先生直伝のテクニックです。

これにはケイタさんも…

急激に心拍数が高まっています!

これは間違いなく効果有り!

男性に聞いた「1番ドキドキした瞬間」

様々なテクニックを試してきた女性メンバーでしたが、男性メンバーは一体どんなときにドキドキしていたのでしょうか。聞いてみました。

計算ずくではない、ピュアな行動にときめいていたことが判明。

さらに、かっつんさんが言うように、指名制での席替え時には男性メンバーの心拍数は激しく高まっていました。

あみさんに席替え時に指名され、ふみやさんの心拍数は最高値を記録!

テクニックも大事ですが、やはりストレートな愛情表現に男性は1番ドキドキするようですね。

恋活女子よ、もっと恋愛にどん欲であれ!

素敵な出会いを求めているみなさんへ朗報です。趣味でつながる恋活サービスの「タップル誕生」では、毎日約3,000人が登録!!登録とお相手探しはいつでも無料なんです。共通の趣味を通じて、友達・恋人・婚活・メル友など希望にマッチする相手を探すことができますよ。

合コンや恋活アプリで、みなさんもすてきな恋を見つけてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス