記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
乳房再建手術とは乳がん術後の乳房の形を整えるための手術のことで、大きく分けて以下の2つの方法があります。場合によっては、この2つを併用することもあります。行った乳房切除術の種類、術後の補助療法、ヒフと筋肉の状態、乳房の大きさなどを考慮した上で、最良の方法が選ばれるのです。

1:人工乳房の使用

[単純人工乳房挿入法]
乳房切除術でヒフを全く切除せず、乳腺だけをくり抜いたような場合や温存療法をおこなった場合では、乳房切除術の傷跡の一部を切開し、大胸筋の下につくった空間に人工乳房を挿入します。

[組織拡張法(ティッシュ・エキスパンダー法)]
大胸筋は残っているものの、反対側の乳房の大きさに合う人工乳房を覆うのにじゅうぶんなヒフがない場合に行います。組織拡張器(ティッシュ・エキスパンダー)を使って徐々にヒフを伸ばしていき、人工乳房を挿入します。

2:筋皮弁法

[広背筋皮弁法]
背中にある広背筋という筋肉と背中のヒフと脂肪を乳房切除術が行われた部位に移植します。大抵は人工乳房も併用します

[腹直筋皮弁法]
垂直に走る腹部の腹直筋の一部を、腹部のヒフと脂肪をつけて移植します。筋肉、ヒフ、そして脂肪からなる皮弁を用いて乳房の輪郭が形作られます。

さらに、乳輪・乳頭の形成術も行う

上記のどの方法を選択した場合も、さらに乳輪、乳頭の形成術を行い完成します。反対側の乳頭・乳輪を半分移植するのが最も一般的ですが、これから出産授乳の予定が考えられる場合や、健側の乳輪・乳頭を触りたくない場合は、入れ墨を用いることもあります。

≪しこり、違和感ありませんか…?≫
しこりかな…??気になる方は要チェック【乳がんリスク】診断

再建の精度は、どのくらい?

手術をしていない側と全く同じというわけにはいきませんが、服や水着を着たときにはほとんどわからなくなり、また、人と入浴しても気づかれないくらいにはなります。

再建した乳房はあまりとがらず、おそなえのお餅のように見えます。もともと健側の乳房が極端に小さかったり、大きかったり、垂れていたりする場合、健側の乳房にも豊胸術、縮小術、拳上術など行ってバランスを取ることもあります。

まとめ

女性にとって、乳がんの手術は精神的にも応えるものがあります。特に、手術後のバストの状態はとても気になることと思いますが、このようにかなり精密な方法で、乳房再建が行われています。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス