記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠中リラックスのためにアロマをお考えの方もいると思います。
今回はアロマを上手に活用するポイントをお伝えしたいと思います。

■ 上手に活用して、リラックスしよう。

医学的な見地から見て、これは「確実に安心しておすすめできる」というアロマテラピーは実はありません。

特に着床して間もなく、母体も赤ちゃんも非常に不安定な状態にある妊娠初期には、アロマテラピーに限らず、普段と違うあらゆる刺激(温泉に入ることや旅行に行くことなどを含めて)は可能であれば避けるに越したことはない、というのが一般的な医師の意見でしょう。

■ 使用に際しては、やはり専門家の意見を参考に

いわゆるアロマテラピーの専門家の中でも、妊娠中に安全とされるアロマオイルは意見が分かれる部分も多くあると聞いていますし、メーカーによって製法や添加される成分が異なることもありますので、これから私が書くことはあくまで参考程度に読んでいただいて、実際使用される際には実物や使用法を産婦人科の主治医の先生やアロマオイルの製造元に確認されることをおすすめします。

■ 妊娠初期のマッサージは、特に危険!?

アロマテラピーというと、ルームコロンとして利用したり、芳香浴やオイルマッサージなどが有名ですが、妊娠中、特に初期のオイルマッサージは避けた方が無難です。

安定期にあって、肩こりやむくみなどでどうしてもという場合は必ず妊婦さん用のコースを、主治医に確認してから行うようにしましょう。

≪妊娠中のツボ押しは、本当に危険?≫
妊娠中、身体の不調を感じてマッサージに行こうとした経験はありませんか?

■ 芳香浴での気分転換がおすすめ

ルームコロンやバーナーでオイルを温める芳香浴を短時間ということであれば、気分転換にもなりますし、作用もマイルド。また、普段よりも濃度を薄めにして使うようにすると、より安全ですね。

■ オイル選びに要注意

〈比較的安全なオイル〉
・ローズウッド
・ネロリ

妊婦さんの体調にもよりますが、妊娠中にも比較的安全な香りとして知られているようです。

〈危険なオイル〉
・ラベンダー
・カモミール
・クラリセージ
・サイプレス
・シダーウッド
・ゼラニウム

これらは、出血を起こすような作用(通経作用)があるとされています。短時間の芳香浴であれば、神経質になる必要はないと思いますが、できるだけ安全な香りを選んで、上手に妊婦生活のストレスを解消できるといいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス