テレビをつけると、いわゆる「おネエ系」といわれる人達で溢れかえっておりますね。
不快感を持つ方も少なくないようですが、以前よりも受け入れられてきているような気がします。

ツイッターユーザー「爪 切男(@tsumekiriman)さん」のつぶやきで、いわゆる「おネエ」の方とのやりとりが興味を惹きましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

ツイ主さんが「オカマバー」に行ったときの顛末を記したつぶやきです。
そのつぶやきは、おネエな方と口論になったことから始まります。

オカマバーのオカマとちょっとしたことで口論に。

出典 https://twitter.com

おネエな方は、怒り出すと低音ボイスを響かせてすごむ人もいるんで、そのギャップにたじろぐ人も少なくないようです。

よくよく考えてみると俺の方に否があるので帰り際に謝ろうとしたら、オカマに先に謝られた。

出典 https://twitter.com

お互い、口論中は譲れない部分があったのでしょうけど、最後には男らしく(?)謝罪しようという姿勢は立派だと思います。

「オカマと喧嘩したまま次の日の朝を迎えるなんて最低の気分をあなたに味合わせたくないしね」と言われて感動した。

出典 https://twitter.com

おネエの方も立派ですね。男らしいと思います(笑)
「最低の気分を味あわせたくない」と自分を卑下してまでの謝罪を述べるなんて、女性らしい(?)心づかいも垣間見えます。

そして、衝撃のラストが

喧嘩の原因は恐竜の絶滅原因に関してだった

出典 https://twitter.com

なんやそれ(爆笑)

◎ツイートはこちら

◎ツイッターでの反応は?

男らしいですよね!

そちらのほうですか(笑)

気持ちのいい御仁ですよね。

確かに、いい女でもありますね。

秀逸すぎますね。

おネエの方の気持ち良さとオチの秀逸さが際立っている印象ですね。

同性、異性関係なく、時には口論したり喧嘩してしまうことも少なからずあると思われます。
主義主張で譲れない部分があるのは仕方ないとして、どのように和解するのかが大切になってくると思います。

恐竜の絶滅はおいといて、何かことが起こったら自分から謝罪できる寛容性も、時には必要だということをこのツイートから学べました。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス