新年度を迎える春。この時期入学や進学を控えているお子さんを持つ親御さんも多いのではないでしょうか?小学校や中学校は義務教育であり、費用の面でも国から配慮されていますが、実際は10万円前後の費用がかかることをご存知ですか?

春になり、わが子の進学を喜ぶ一方で…

春は小中高と入学・進学の季節ですよね。我が子の成長が実感出来る季節でもあります。しかし何かと費用がかさむ時期でもあり、現実問題喜んでばかりもいられません。

春3月。わが子の進学を喜ぶ一方で、公教育に予想以上の私費負担が必要なことを知って戸惑う保護者が少なくない。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

進学にかかる負担に困惑する両親の声

なんと中学の制服や通学かばんなど総額約7万~9万円

ほとんどの費用を占めているのが制服や通学カバンなど学校から指定されているものです。なんと10万近くもの費用が必要になってきます。

冬服ブレザーとスカート2万9592円、通学かばん8500円、ジャージー上下7800円…。女性が入学説明会でもらった購入品一覧表の総額は必須品だけで約7万円、補助バッグなど希望者が買う品を含めると9万円近かった。

出典 http://www.nishinippon.co.jp

義務教育なのになぜ?

制服は中学ごとに学校とPTAが協議して決めている。市内6校中2校は、詰め襟やセーラー服の標準服を学校指定の3~5社(数万円)から選んで購入する仕組み。4校は独自デザインのブレザーを採用している。入学時に必要な費用は、生徒数やデザインなどによって学校間で数万円の開きがあるのが実情だ

出典 http://micchonpapa.seesaa.net

制服は各学校によりデザインが異なり、価格も違います。制作業者を決める入札でこれでもある程度価格は抑えているそうですが、繊維価格の高騰により高価になっているのも事実です。

また、教科書のように毎回10万円近くする制服等を無料で支給するのは、現在のところ国の予算では難しいようですね。備品のように貸し出す形では衛生面の問題も出てきて現実的ではありません。

―制服やジャージーなどは学校の備品として貸出制にできないか

制服やジャージーは消耗度やサイズの個人差が大きく、衛生面でも備品にはなじまないと考えている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

また、小中学校でおなじみの給食費も無料ではないですよね。これも毎月必ず納めなければならない費用です。

授業料は徴収されなくても結局、お金はとられていますよね。例えば、教科書代とか、あと近年問題になっている給食費とかです。私は小中学校に通うのは義務なのに、金とるのか!?とずっと疑問に思っていました。理由は簡単でしょう。こういったものまで無料にしていると、国の財政が回らなくなるから。そういう国の事情があるんだと思います。

出典 http://gjfreelance.net

これは中学入学時だけではなく、小学校、高校と進学のたびに親に負担がかかる。

小学校入学にかかるお金

小学校入学までにかかる費用は目安として10万円前後と考えて良いでしょう。
小学校入学の場合⇒【10万円前後】
【内約】ランドセル:2万円~4万円 勉強机:3~5万円 入学記念撮影:1~3万円 上履・制服・体操服・筆記用具・校帽・手さげバック類諸々:1~2万円

出典 http://xn--t8j6c6de7a4051bxgdpu2o.com

さらに給食費やクラブ活動費などを合わせると、20万円くらいは予算として頭に入れておいた方が良いそうです。

中学校からは制服になるため、制服代の高さに驚くことでしょう。特に男子は成長期のため、諸々のメンテナンス費用なども必要になってきます。また、給食費も小学校の時より費用が上がるそうです。

そして、義務教育ではないですが高校はというと…

公立高校は20万前後、私立高校は20~40万ほど

高校では公立と私立で大きな費用の違いがあります。公立なら入学金は数千円ですが私立では十万円単位の費用になってしまうのです。高校からは教科書の費用も必要になってくるので、その分お金がかかります。

公立高校入学の場合⇒【20万円前後】
【内約】制服:4~5万円 体操服:1~1.5万円 教科書:3~5万円 学校への各支払い(積立金や入学金等など):5~8万円 自転車or電車等の定期券:1~5万円

出典 http://xn--t8j6c6de7a4051bxgdpu2o.com

私立高校入学の場合⇒【40~60万円前後】
【内約】制服:8~20万円 体操服:1~1.5万円 教科書:5~15万円 学校への各支払い(積立金・入学金など):20~40万円 自転車or電車などの定期券:1~5万円

出典 http://xn--t8j6c6de7a4051bxgdpu2o.com

入学準備に必要なお金が用意出来ない場合はどうするべきか…

どうしても家計内でやりくりできない場合はどうしたら良いのか?基本的には「奨学金」と「教育ローン」などお金を借りるシステムを利用します。

奨学金制度とはここでは代表的な奨学金である「日本学生支援機構」の奨学金についてご紹介します。主なポイントとしては、

1. 本人(子ども)に返済の義務がある
2. 在学中は返済の義務なし
3. 利息が付くかどうかは奨学金の種類による

出典 http://www.jaccs.co.jp

国の教育ローン(日本政策金融公庫)とは教育ローンは一般の金融機関でも扱っていますが、ここでは借り入れ条件のよい「国の教育ローン」を見ていきます。主なポイントは次のとおりです。

1. 最高350万円まで借り入れ可能(留学資金の場合は条件付きで450万円)年利2.15%で固定金利。
2. 返済は借り入れした者が行う(通常は親)
3. 世帯年収による申し込み制限がある

出典 http://www.jaccs.co.jp

どちらも「お金を借りる」という形になってしまいますが、奨学金は在学中の返済義務はなく、働きだしてから返済するというシステムなので、勉学に集中できます。また、教育ローンも教育に関する(資格取得や留学、アパートの賃貸契約にかかる費用)なども理由として借入れ出来るので、いざという時に助かります。

今回は、なぜ義務教育なのに10万近くもの費用が必要になるのかを調べてみました。費用を大きく占めるのが制服等でしたね。学校により価格も違い、また学校の備品として貸し出しできないのが理由のようです。教科書のように国からの援助の対象外になっています。

我が子の成長は喜ばしいことですが、これから進学を控えるお子さんを持つ親御さんは、これらを頭に入れて貯蓄しておいた方が良いようです。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス