普段の生活を振り返ると、実は無駄な事に支払っているのが多いのかも?

家計をやり繰りしていると、ついついオーバーしてしまう事がありませんか?
節約してるつもりでも、普段何気なく行っている行動が、実は貯金を無くす第一歩の始まりである事が多いのです。

老後資金って、本当に3000万円くらい必要っていうけど本当なの?

実際の所、65~80歳までに必要な金額は、約1700万円ほどと言われています。

3000万円とは、住宅のリフォーム・介護費用、葬儀費用などの資金を合わせた額なので必要ない人からすれば不要な分も沢山あるので、そんなに気にしなくてもいいのですが、しかしある程度の貯金は必要になってきます。

ゆとりある将来の為に、貯金の見直しを。しかし、株や資産運用は少し怖い・・。

ゆとりある将来の為に、つい株式投資や投資信託などを考える人が多いですが、リスクも多いです。
出来れば年金保険などに加入するのがオススメです。年金保険なら、貯金の役割を果たすので、貯金額を増やしながら保険制度も利用出来ます。

クレジットカードを上手く使う事で、ポイントを稼ぐ

また、家賃・水道光熱費・携帯電話代などをクレジットカードなどで支払うことにより、ポイントを稼ぐことができます。普通に引き落としして支払うより、ずっとお得なのでオススメですよ。

水道光熱費は、見直せば見直すほど減らす事が出来る

こまめに食器を洗うのは良いことのようですが、実は大量の水を使ってしまっており水道代のムダです。おすすめの方法は、洗い桶を2つに分けて、1つ目の桶には水と洗剤を入れてつけ置き用、2つ目の桶には水だけを入れて洗剤で洗った食器のすすぎ用として使います。最後に軽くすすいで干すだけにすれば、これだけでかなりの節水につながります。(節約試算:約1.5万円/年)

出典 http://kakeibot.doorblog.jp

また、節水シャワーヘッドに取り替える事もオススメです。これだけで、年間1万円ほど節約する事が出来るそうですよ。

古い家電を買い替えて、電気代を節約しよう

また古い家電を勿体無いからと使用するより、新しい家電を買ったほうが結果的に電気代という意味で得をする事があります。

また、照明はLED照明に切り替える事で大きく節電することができるし、エアコン・冷蔵庫・洗濯機は新しければ新しいほど節電効果が期待出来ますよ。

洗濯機の使い方を見直して、更に節電しちゃおう

電気料金プランごとに電気代の割安な時間帯と割高な時間帯があります。洗濯乾燥機を使用する場合などは、タイマーを使って電気代の安い時間帯に使用することで、年間8,500円以上の電気代節約が可能になります。

出典 https://enechange.jp

地域によって、電気代の安い時間帯があるので、なるべくその時に洗濯機を使うといいでしょう。

冷蔵庫は壁につけすぎず、詰め込みすぎないことで節電

また、冷蔵庫は壁につけないようにし、中もなるべく詰め込みすぎないようにしましょう。
これだけで、年間2000円程節約することが出来ますよ。

便座のふたを閉める事は、風水的にいいだけではなかった?

また、風水では「便座の蓋をしめると金運に良い」と言われていますが、実は電気代的な意味でも年間1000円ほど節約出来ます。

プロパンガスは都市ガスへ。都市ガスに変えられない場合は、オール電化にしちゃおう

また、可能なかぎりプロパンガスを使用することは辞めましょう。
プロパンガスと都市ガスは、比べると半分以上金額が変わってきます。
不可能な場合は、オール電化にすることも得策です。

皆さんも、生活を改めて見直してどんどん節約し、老後資金を貯めていきましょう!

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス