アメリカのスーパーマーケットに買い物に行くと、かなりの確立で、様々な人間模様に遭遇する。だから、とても楽しい!日本のスーパーではなかなかこのような面白い出来事に遭遇することはないのだが。。

アメリカ生活の中で私が遭遇したスーパーでの面白い人たちのエピソードをいくつかご紹介しよう!

セールの$1の缶スープに感極まる夫に対して妻と娘は。。

セールの缶スープの陳列台の前で、1人の男性が立ち止まって、とても大げさな口調で言った。「ワォ~!ダラー・スープだぁ~!」

(*この男性が言っている”ダラー・スープ”とは、 $1のスープ缶のこと。確かにそれは安かった。その時スープの値段は正確には$1.50だったのだが。。まぁ、そんな細かいところはどうでもよい。)

そのすぐ後を歩いていた、この男性の妻と娘と思われる女性2人がこの立ち止まっている男性を追い越した。すると立ち止まることのない家族に対して、男性は再び妻と娘たちに向かって言った。「ほら!ダラー・スープだよぉ~!ダラー・スープ!」

するとこの男性の妻と思われる女性は一言、「Here we go!」とさりげなく言い放ち、立ち止まることもなく、缶スープの方など振り返りもせず、歩調も変わることなく、まるで何事もなかったように妻と娘は行ってしまった。

*「Here we go!」という妻の発言はこの場合、その言葉自体には、特に意味はなく、それより、「あら、また、パパが変なものを発見しちゃったわ!」というような、いちいち夫を相手にしてられないというような突き放した感じ。

置いてかれてしまった男性は、缶スープに名残惜しそうな視線を投げかけながら、小走りに妻と娘の後を追いかけたのだった。

チョコチップ・クッキーに人生をかけた男の子


その翌日にも、同じスーパーマーケットで面白い家族の会話が飛び込んできた。これは、レジに並んでいた時、私の後ろに並んでいた母子たちの会話である。

このお母さんは、小学生前半と思われる子供(女の子2人に男の子1人)3人を連れていた。そして母親がレジに並んでいる最中に、男の子がチョコレートチップ・クッキーの箱を持ってきて母親のカートに入れようとした。

すると母親は「もうおやつは別のクッキーを買ったでしょ!」と息子が持ってきたチョコチップ・クッキーを返してくるよう言った。だが、息子は「いやだ!僕はこのチョコチップ・クッキーが食べたいんだ!」と反抗した。

すると姉と思われる女の子が「いやよ!私はチョコチップ、嫌いなんだから!!」と言うと、妹と思われる子も「うん、私もチョコチップよりママが入れたクッキーの方がいい!」と同意。

そして母親が「ほら、早くチョコチップは返しておいで!2つもクッキーは いらないわ!そんなに一度にクッキーは食べられないでしょ!」と最終審判を男の子に下した。

男の子は、3人の女たちから猛反対を受け、泣きっ面になりながらも怒鳴るように大きな声でまくしたてた。「僕はチョコチップ・クッキーを食べないと、 生きていけないんだ!」 「僕の人生は、チョコチップ・クッキーなしの生活なんて考えられないんだ!」 「だから、お願い!!」

これ、日本語に訳すとかなりずっこけるんだが、英語でのその場のこの母子たちのやりとりは、かなり笑えるものであった。この大げさな男の子の発言に姉妹2人は、 両手を広げて呆れたポーズをとり、母親は苦笑した。それを黙って聞いていた無愛想だったレジのオネェサンには大うけ、 私も笑いをこらえるのに必死となった。

結果、この男の子は、とうとうチョコチップ・クッキーを買ってもらえたのだった。
チョコチップ・クッキーにこの子は全人生をかけて、とうとうゲットしたのだ!

アメリカ人たちは、なんでも大げさに表現するので、こういう面白い会話はあげればキリがないほど、アメリカのスーパーの中では、展開されている。彼らは、本当に買い物を楽しんでいるのかもしれない。

ずいぶん前になるけど、アメリカのスーパーでの私の笑える(恥ずかしい)体験談を最後に。。

スーパーでビールを買おうとしてレジに持っていったら、レジの白髪のおじいさんに「君はもう成人したのか?身分証明書をみせてくれ!」と言われた。オリエンタルは実年齢よりい若く見られるので、こんなことはしょっちゅうだ。ちなみにその時の私はティーンエイジャーの息子がいたような年齢だった。

おじいさんは私の出した運転免許書の生年月日を見て、「なんだって!?君!もうxx歳?!これは驚いたね!!」と店中に聞こえるような大声を張り上げて、私の年齢を大勢の買い物客の前で発表されちゃって、店内の注目を浴びてかなり恥ずかしい思いをしたことがあった ゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ほっといてくれ !!

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら