人間とは時として過ちを犯すものです。それが勘違いから生まれるときもしばしば。そんな、勘違いから生まれた珍事件をまとめてみました。

変えるべきとこはそこじゃない

出典 http://192abc.com

2歳児に教えるつもりと言っても言葉遣いを2歳児に合わせるのではなく、2歳児でもわかるように噛み砕いて教えてってことですよ・・・。

買えてないと思ったら・・・

音がしないとちゃんとタッチ出来てないような気になりますよね。わかります。

形状は似てますけど・・・

確かに形状はスティックのりに見えなくもないですが・・・。やっちまった感ハンパないですね。

試しに閉じてみようというチャレンジ精神は評価します。しかし、あなたの求める結果が得られることはないのです。

履いていると思っていたのに・・・

出典 http://gahag.net

こういったことってあるんですね。この方は潔くそのままを会社の方に伝えたようです・・・。

相当数の女性がこれと同じ体験をしたことがあるようです。

吹きかけるところはそこじゃない

出典 http://map-icon.com

子供ならこの勘違いはあり得ますね。このシーンを想像すると可愛くて笑えますね。

勉強して出直しなさい

これは笑えますね。ただ、現場の人は呆れて物もいえない状態になったかと思われます。それにしても、「御中」を知らない若者が増えたということでしょうか?

思わず笑えるものから、どうしてそうなったという物まで様々ですね。笑ってすまされる勘違いならいいですが、そうもいかない勘違いは自分も相手も困ってしまいますね。勘違いを完全に防ぐことはほぼ不可能かと思いますが、普段から勘違いを防ぐ努力は必要かと思います。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス