おにぎりはラップ派??アルミホイル派??

Licensed by gettyimages ®

日本人だけではなく世界中の人たちから愛されるおにぎり。そんなおにぎりを持ち歩く時、あなたはラップに包みますか?それともアルミホイルですか??

実はどちらに包むかによって味に違いがでるといったツイートが話題を集めているんです!

4000リツイート越え!!!

こちらは昨年の11月に、料理家の藤村公洋さんによってつぶやかれたツイートです。おにぎりに関心のある人たちの手によって、一気に4000リツイートを越えました。

果たしてそんなに違いがでるものなのでしょうか...???

実は多かった!!アルミホイル派!!!

Licensed by gettyimages ®

調べてみると、たくさんいるいるアルミホイル派!昔の人はアルミホイル、若い人はラップ...という印象の方も多いようですが、年齢に関わらずおにぎりをアルミホイルで包む人は非常に多いようです。

なぜかアルミホイルに包むとおいしいようです。

見ている側もラップよりアルミのほうが美味しそうに見えます。

熱烈なアルミホイルおにぎりファンも多いようですね!

アルミは化学反応しやすい物質のひとつなので、このように心配をされている方は非常に多いようです。しかし、食品用のアルミホイルは、酸化膜で守られているため、安定感抜群なようですよ!安心してくださいね!

おばあちゃんの知恵です!

なぜか信用してしまいます!

アルミホイルおにぎりのこれに注意!!!

Licensed by gettyimages ®

しかしアルミホイルおにぎり、いいところばかりではありません。ラップおにぎり派の人たちは、アルミホイルおにぎりを嫌う理由がちゃんとあったのです!

これはあるあるですね...。おにぎりをしっかり握り、さらにアルミホイルを一旦ぐしゃぐしゃにさせることで防げるようです。

また素手でおにぎりを作ることに抵抗がある方はどうしてもラップになってしまいますね。

アルミホイルを噛んだ時のあのキーーーン。思い出しただけでも寒気が...。

ラップと違いそのままチンができないのも難点です。おにぎり温かい派の方には不向きかもしれませんね。

本当はどっちがいいの???

Licensed by gettyimages ®

結論から言うと、べつにどっちが良いか悪いかはありません。

ただ、密封性が抜群なサランラップは通気性が無いので、非常に蒸れやすいのです。ですので、時間が経つとおにぎりがべちゃっとしてしまい、アルミホイルおにぎりと比べ、食感が悪くなってしまいます。

そのため比べた時に、美味しさの差がでたのかもしれませんね!

では、どう保存したらおいしくなるの??

Licensed by gettyimages ®

温かいままのごはんをラップに包み、そのままおにぎりを作られる方が多いと思いますが、その際は一度、できたおにぎりをラップと離してお皿の上で冷まし、熱や水分を十分に逃がすことで、美味しいおにぎりがキープできます。

また、アルミホイルは、もともと熱が逃げやすいですが、一度アルミホイルをぐしゃぐしゃにすることで、表面がデコボコになり、より密閉しすぎず、中でおにぎりの表面が乾燥し、さらに美味しく食べることができますよ!おにぎりの表面が乾燥することにより、雑菌の繁殖を防ぐこともできるので、持ち歩く際は安心ですね♪

正しく包んで安全でおいしいおにぎりを!

Licensed by gettyimages ®

いかがでしたか??たかがおにぎり、されどおにぎり!!おにぎりの包み方一つとっても味に違いがでるなんて...とっても深い食べ物だったんですね。

皆さんはアルミホイル派ですか?ラップ派ですか??

こちらもおすすめ!

この記事を書いたユーザー

sho子 このユーザーの他の記事を見る

旅行、グルメ、流行りものが大好きな1児の新米ママです!楽しいこと、おもしろいことを皆さんに共有できるよう、頑張ってます♪宜しくおねがいします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス