国民的アイドルグループである嵐のメンバー・松本潤さん。

ファンからは「松潤」の愛称で親しまれており、ドラマ・舞台・バラエティなど様々な場面で活躍されています。

そんな松本潤さんに関して、Twitterユーザー・しょぴころりん(@r___ymymd)さんが紹介したエピソードが反響を呼んでいるようです。

実際のエピソードがこちら

震災から約2ヶ月後の2011年5月9日、松本潤さんはプライベートで被災地に足を運び、ある中学校を訪れたそうです。

しかし授業の真っ最中だったので自分が訪れたことを生徒達には告げず、生徒全員分の図書カードを校長先生に渡していかれたのだとか。

その際、下記のような直筆のメッセージを置いて行かれたそうです。

○○中学校のみなさんへ

今回の未曾有の大震災を乗り越え復興に向かって力強く歩き出されている皆さんのことを心から応援しています。

出典 https://twitter.com

本日、仙台空港にお邪魔し、こちらにも立ち寄らせていただいたのですが、皆さんが授業中とのことでしたので、図書カードを校長先生に渡させていただきます。

好きな本を買う際に使ってください。

2011年5月9日 嵐 松本潤

出典 https://twitter.com

※この張り紙を公開されたしょぴころりんさんは「プライベートで来てくれたことだから公開は控える」と直筆の文章の部分にモザイクを入れられていたのですが、2011年に別の方が紹介されていたので、そちらから引用させて頂きました。

この中学出身の方からは感謝の声が寄せられる

これはほんとの話で私の中学校に来ました。授業中だからって潤くんは教室には回らず図書カードを置いて行ってくれました。あのときもらったこのプリントも図書カードも今でも大切に取ってあります。

出典 https://twitter.com

この方は続くツイートで「来てくれただけで嬉しいし笑顔になれるし元気貰える」といったことを仰られていました。

このエピソードを紹介したツイートは大反響に

このエピソードを紹介したツイートは、短時間で5000リツイートを記録。

その後もリツイートが伸び続けるなど、Twitterで話題となっています。

このエピソードに対し、称賛の声が殺到

他にも数多くの声が寄せられていました。

また、嵐としても昨年9月19・20・22・23日の4日間にわたって野外ライブ『ARASHI BLAST in Miyagi』を開催。

被災した県内の高校の合唱部と一緒に歌ったり、仙台の郷土芸能「すずめ踊り」とコラボした企画を披露するなど、現地のファンに夢と感動を与えたそうです。

仕事でも、プライベートでも被災地の方々に元気を与えている嵐。

今後もこうした活動をすることで、勇気と希望を届けていって欲しいですね!

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス