今日は、街の中があの日を思い出していました

出典ミントチョコレートアイスクリーム

銀座和光のウインドウも、祈りにあふれています。

みんな、それぞれの場所で頑張っています。

出典ミントチョコレートアイスクリーム

一人じゃない…そんな言葉は、被災地にどう伝わっているのでしょうか?

でも…

黙祷する時間に気づかなかった…という声もけっこう多くなってきました

一日中、気にしてはいたものの…

もちろん、黙祷したという方も

命を預かる仕事は大変です

テレビで見ていただけでも、あの光景はトラウマになるほどでした

どこででも、祈ることはできますね

その一分間は、ふだん繋がりがないような人達でも気持ちは一緒なんだと自覚できますね

ネットでは、「黙祷したことをネットに書くなんて」という意見も多かったです。でもどうでしょうか?

もう一度、気持ちや意識を新たにして、忘れていないという確認になりますね。この日、ふとみかけた募金箱にお金を入れた方も多かったのでは?

被災した方々も、前を向いて進む中、ふと振り返る機会は必要ですね

まだ、被害は終わったわけではありません

サイレンは鳴らなくとも、気持ちはひとつです

祈る気持ちは大切……とはいえ…

プリクラやセルフィをアップする方たちも出現。これには批判が集中しました。

ただ、この方達は震災時10歳そこそこです。5年という月日の温度差を感じます。

イベントとして楽しんでいるような雰囲気は、ちょっとゲンナリしてしまう方が多いかと思います

風化させない

阪神では火事が…ひがしにほんでは津波が…あの光景は忘れられません。決して風化させないため、年に一度、黙祷とつぶやくことでできることもあるかもしれません。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス