記事提供:子ある日和

忙しいママにとって、何かと便利な冷凍食品ですが、幼稚園ではお弁当のおかずに入れるのを禁止している園があります。なぜ冷凍食品が禁止されているのでしょうか。その実態と理由についてみてみましょう。

お弁当のおかずに「冷凍食品禁止」の幼稚園が実在する

お弁当に、冷凍食品を使うことが禁止されている幼稚園があります。冷凍食品が入っていないか、担任の先生がチェックしている、という話を聞くこともあります。

私の子どもが通っている幼稚園では、冷凍食品は禁止されていませんが、担任の先生がお弁当の中身をチェックしています。

あまりにも偏った栄養バランスだったり、量が適当でなかったりすると、担任の先生から家庭に連絡があります。

このように、幼稚園へ持っていくお弁当に関して、昔よりも幼稚園からチェックが入るようになっているのは、子育てをしていても感じられます。

しかし冷凍食品禁止とは、忙しいママたちにとっては、高いハードルですね。

幼稚園指導要領に、食育が取り上げられている

では、幼稚園が冷凍食品禁止にしている理由とはなんなのでしょうか。そのひとつに、幼稚園指導要領があります。文部科学省が定める幼稚園指導要領には、食に関する項目があります。

平成21年度に実施された新しい幼稚園指導要領に新しく組み込まれたものです。正しい食生活をつける食育の取り組みを、幼稚園でも行うことが義務になっているのです。

そのため、親世代の私たちの時代よりも、幼稚園では食に関する取り組みに力を入れています。給食のある園では、無添加の食材にこだわったり、季節の食材を指導内容に組み込んだりしています。

お箸の持ち方をはじめとする食べ方のマナーや、偏食の子どもへの指導にも力を入れている幼稚園が増えているのです。

食に関する指導も、幼稚園教育の一環

そのため、食事に対しても幼稚園の教育のひとつと考えられるようになってきました。給食のある幼稚園では、それを給食を通じて実践しています。

一方、お弁当持参の幼稚園では、お弁当を作る保護者の協力が欠かせません。冷凍食品ばかりで作ったおかずでは、食材の季節感を感じるのは難しいかもしれません。

また、食品添加物の影響や、食材の偽装問題がたびたび起こるなど、冷凍食品の安全性に対して疑問を感じている幼稚園もあるでしょう。

そのように食に関して、保護者も関心を持ってもらいたいというのが冷凍食品禁止の幼稚園の考えなのだと思います。

工夫次第で、冷凍食品禁止でも時短メニューを作れます

しかし、実際に作るママたちにとっては、冷凍食品禁止はプレッシャーです。ここは様々な工夫をして乗りきってみてはいかがでしょうか。

幼児の食べる量は少量なので、さほど気合を入れなくても、意外と簡単にお弁当はできあがります。

朝食の卵焼きを1つだけアレンジする、チャーハンなど混ぜご飯にしてオカズをなるべくつくらない、常備菜としてピクルスや煮豆を作っておくなど、ママの性格や生活スタイルに合わせて工夫してみてください。

卒園するころには、冷凍食品に頼らなくても全く問題ない、超デキるママになっているかもしれませんよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス