お目めがクリクリでお鼻の真ん中から真っ二つに毛色の違う猫。ネコ好きに限らず、誰が見ても愛くるしいニャンコのギャラリーだと思われることでしょう。

出典 http://imgur.com

お花の植木鉢に入り空を見上げるニャンコ。可愛い~♡

ただの可愛いニャンコじゃないんです!とても感動的な話があるのです

フランスの女性「サンドラ・クードレイ」さんとジャスミンの出会いは、Adoption Felineという動物愛護団体のFacebookでした。

Adoption Felineでは、Facebookやネット上で保護されたネコの里親募集活動を行っています。

Facebookに公開されたジャスミンの画像

出典 http://imgur.com

ジャスミンは、通りで段ボールの箱に入れられて捨てられていました。それを見かけた救助隊によって発見されたのですが。

なんと、ジャスミンは目が見えないことが分かったのです・・・。

出典 http://imgur.com

こんなに可愛いニャンコが野良で彷徨っていたとは信じられません。

ジャスミンは生まれつき盲目ではなかったようです。食事を与えられず、満足な世話をしなかった飼い主との生活が原因だったのではないかと保護団体の人は語っています。

ジャスミンは動物のシェルターに保護された

出典 http://imgur.com

そして里親募集の公開写真を見た、フランス女性のハートを虜に!クードレイさんは、初めてFacebookでジャスミンを見た時、メロメロになったそうです。

写真を見た直後、団体に連絡を取り、ノルマンディーまで2泊3日の旅費と時間をかけてジャスミンに会いに行ったのです。

保護団体からショッキングなことを告げられた

このネコは盲目であることを説明されました。けれど、クードレイさんはこう答えたのです。

「私にとって彼女は、他のネコ以上に魅力的です」

「前に、高齢のため盲目になったネコを飼っていたから。私は彼女を今すぐ家族に迎えたかったの」

クードレイさんにとって、目の見えないネコを引き取ることは決して苦ではなかったようです。

出典 http://imgur.com

「ジャスミンは、私たち家族がいなければ生きていけません。そして、私たちも彼女なしでは生きていけないわ。ジャスミンは、それだけ多くの愛と喜びをもたらします」

出典 http://imgur.com

ジャスミンは、来る日も来る日も、クードレイさんのベッドで帰りを待ち詫びているのです。

容姿端麗で毛色も珍しく、ふわふわのジャスミン。この写真を見たら虜になってしまう人も多いのでは?

でも、全盲というハンデを負うネコを、可愛いだけで里親になり育てることは難しいですね。

愛護団体は、写真をひと目見てすぐに飛んできた、クードレイさんのジャスミンに対する愛情を確かめたようです。

これからも優しい飼い主さんの元で、いつまでも幸せに暮らしてね♡

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス