記事提供:CuRAZY

街角の飲食店のショーケースに並ぶ食品サンプル。あまりの再現度に、日本のみならず海外の観光客に大人気。

そんな食品サンプルのリーディングカンパニー「イワサキ・ビーアイ」の社内コンクール作品がユニークだと大きな注目を集めています。2015年のコンクール作品の一部をご紹介します。

たこ焼きを作るタコ

パイの鳥

握り寿司サイズのマグロ

タライの中に金魚

ビールやジュースの出る蛇口

パスタのラケット

筆で書くみかん

タコワサの中にタコ

カブトムシまで真っ二つ

100%フレッシュジュース

ビーフシチューの中に人参の親子

トマトが爆発

キュウリがキウイに、キウイがキュウリに

荒波のアイスクリーム

鮭のお腹からいくらがぶりぶり

壁丼!

この社内コンクールは、1968年に始まり、45年以上にわたって続く伝統あるイベント。食品サンプル職人が自由な発想で、ユニークな作品を生み出しています。

このコンクールが、新技術や新しい表現方法の発見、新商品の開発へとつながっているとのこと。

今後もどんな名作が飛び出すのか楽しみですね。

出典:「イワサキ・ビーアイ」公式サイト

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス