記事提供:カラパイア

現生する鳥類では最大種、飛ぶことはできないが脚は屈強で、キック力は100平方センチ当たり4.8トンの圧力があるといわれている。走りも速く、最高時速70km/hと、そんじょそこらの軽自動車レベルには負けないのだ。

そんなダチョウに何故かロックオンされてしまった2人のサイクリストたちがいた。途中参戦したダチョウは彼らの後ろからつかず離れず追いかけていったのだ。てか煽る煽る。

出典 YouTube

この映像をツイッターに投稿したのは、サイクリストのオレクシー・ミーシシェンコ氏で、この投稿にイギリスの自転車競技(ロードレース)選手、クリス・フルーム氏も、「オンリーアフリカ!」とコメントし大きな話題となった。

アフリカの道路でトレーニング中のサイクリスト。

え?何なの走るの?走りならまかせろ!とばかりに途中参戦を決め込んだダチョウ。

ひたすら後ろから追いかけまくられるサイクリストたち。これは練習もはかどることだろう。

まさにオンリーアフリカ。追いつかれてその脚力でキックされたらサイクリスト生命も終わってしまうから、そりゃもう必死に逃げるしかないよな。それにしてもダチョウはやっ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス