記事提供:いいモノ調査隊

みなさん、こんにちは!プロレスリング・ノアの丸藤です!丸藤の世界一シリーズを楽しみにしてくださっている皆さん、お待たせしました。

今回もまた世界一のものを発見したので、調査とまいりましょう。今回は世界でもっとも高価なコーヒー!「シベットコーヒー」だ!!

出典 http://kakaku.com

こちらがパッケージ。

コーヒー好きなオレとしては非常に興味のある商品だな。なんでも世界一希少価値が高い幻のコーヒーともいわれているようだ。

というわけでシベットコーヒーがなぜ世界でもっとも高価で、幻のコーヒーといわれているのか、そして一般的なコーヒーと異なるポイントを調べてみた。…が、驚愕の事実を知ってしまった。

パッケージには猫。これはジャコウネコという種類。

ざっくり言うとこうだ。

・ジャコウネコは栄養分のあるコーヒーの果実を種ごと食べる。

ほうほう。なるほど。

・果実は体内で消化されるが、豆は消化されない。

…う、うん。それでどうなるって?

・体内で醗酵処理・減カフェイン処理され、さらにジャコウネコの持つ天然アロマが加わる。

ふむふむ。アロマね。それからそれから?

・種が消化されないまま体外に豆が排出される。

へぇー、なるほど!

・幻のコーヒー豆ができあがり。

やったぁー!

・シベットコーヒーはジャコウネコの体内を通さないとできない。

まさに、自然環境が起こした奇跡だね!!…って、これ簡単に言うとウ○コじゃないか!

ちなみに、このコーヒーにはいろいろと別名がある。

たとえば、インドネシア産のものは「ルアック・コーヒー」「ジャコウネココーヒー」と呼ばれていたり、フィリピン産のものは「アラミド・コーヒー」「シベットコーヒー」と呼ばれていたりする。

呼び名に明確な差はないようだが、インドネシア産のものは飼育しているジャコウネコにコーヒーの果実を食べさせて量産しているものが多いらしい。

対してフィリピン産のものは、野生のジャコウネコのフンを採集しているものが多いそうだ。

もちろん後者のほうが高価で取り引きされる。そしてもちろん、今回は高いほうを選んだぞ。

…まぁ、そんなことはいい。なんせ世界一シリーズだ。いろいろな世界一があるだろう。さてさて、いれてみるとしよう。使うのはこちら。

マイフレンチプレスコーヒーメーカー!!

1杯のコーヒー豆を入れる(これを使う時は粗挽き豆を使うべし)。

ウンコっぽい臭さはまったくない。

お湯を注いでコーヒーをかき混ぜ、4分ほど待つ。そしてプランジャーをポット内に静か~にまっすぐ押し下げる…。

さぁ、できあがった!

コーヒーカップへ。

コレがシベットコーヒーか。

できあがったということは、そうだ。レポートもしなきゃな。レポートな、レポート。ビビってなんかないぞ。

い、いただきます。

まずは香りをチェック!

おぉ!独特なアロマの香りを感じる。

味はどうかな。

いい感じの苦みを感じるぞ。

おぉ、味わい深いし、鼻から抜けるアロマ具合もいい感じだ。

コーヒーの香りは落ち着くな。

これはおいしい。これができる過程を知らなければ、もっと素直に楽しめただろう。世の中には、知らなくていいこともあるのかもしれない…。

とにかく、世界一高価なコーヒーも制覇だ!

いれ方をもっと研究したら、もっともっとも~っとおいしいシベットコーヒーをいれられるような気がするな。

ちなみにコーヒー豆は、ジャコウネコの体から排出された後はキレイに洗浄、よく乾燥させ、高温で焙煎されているので衛生上もまったく問題ないぞ。

またしても世界一シリーズを制覇してしまった。次はどの世界一に挑むのか楽しみだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス