記事提供:いいモノ調査隊

体に必要不可欠なのはわかってはいるものの、未処理で恥ずかしいことになってしまう存在。それが鼻毛。

鼻毛が出ていたら恥ずかしいですよね!ハサミや専用カッターで切るのもいいけれど、一気にゴッソリ抜いてしまいたい。

そんな夢を叶えてくれる商品があったのでご紹介します!それが「GOSSO(ゴッソ)」というブラジリアンワックス。こちらを使って実際に抜いてみました!

パッケージですべて説明されていますね!

ページ下部には、男2人分のゴッソリ抜けた鼻毛の写真もありますので、心してご覧くださいね。

※本当に閲覧注意です。

両鼻10回分のブラジリアンワックスが入っていて、レンジで温める用のカップと、鼻に突っ込む棒がセットになっています。

箱の中身はこんな具合。粒状のものがワックスです。

ほのかに甘い香りがします。

使い方はいたって簡単。

まず、付属のカップに粒状のワックスを入れ、レンジで温めてドロドロにします。

棒にまとわりつく硬さになったら鼻にイン!

鼻は密閉されているので口が半開き。

あとは適当な硬さになったら鼻に突っ込み、固まったら勢いよく抜くだけ。かなりの強度でくっついているので、鼻から抜く時、自分は勇気が必要でした。

心を無にして、いち、にのさん!で勢いをつけて抜きました(結果は後ほど)。誰かと勝負したくなり、同僚にもチャレンジしてもらいました。

鼻水が出ているような感じですね(笑)。

両鼻いっぺんに抜きます。

結構な速さで抜いてくれました。

いやぁ…本当にゴッソリ抜けました。商品名に偽りなしです。むしろ強い粘着力のせいで、抜いたあとに少々違和感があったというか。

今回のレポートでは、その抜け具合に感動する一方、鼻毛が必要な体毛であることも実感させられました。ふたりとも翌日は風邪の症状が…鼻水が止まらず寒気まで…。もしかしたらこのGOSSOで鼻毛を抜きすぎた影響かもしれません。

人から見えそうな入口近くの毛だけ抜くなど、使い方に注意しながらGOSSOを使用することをおすすめします。

ここから下は、どれくらい抜けたかのお写真を掲載しています。苦手な方はご覧にならないようにしてくださいね。

本当に閲覧注意な写真ですが、大丈夫ですか?自己責任でお願いします。

本当に心して、ご覧ください。ゴッソリ抜けた鼻毛の様子がこちら。まずは普段から鼻毛をちょくちょく抜いている派の私のGOSSO。

普段抜けきれていない部分が重点的にゴッソリ。

太めのしっかりした毛もゴッソリいけました。

さて、次は普段はカットする派の同僚のGOSSOです。

まさにGOSSO!!!

長短、白黒さまざまなのがGOSSO!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス