あの「佐村河内守」事件がいよいよ映画となる

佐村河内守氏(51)のゴーストライター騒動が、ドキュメンタリーとして映画化されることが6日、分かった。社会派のドキュメンタリー作家で、オウム真理教が題材の映画「A」で注目された森達也監督(58)が製作する。

出典 http://www.nikkansports.com

監督は、オウム真理教をモデルに映画化した経歴のある森達也監督。
ドキュメンタリーを得意としている方なので、期待できそうですね。

こちらが、森達也監督。

あの佐村河内守も、映画作成に全面協力するとか

なんと、あの佐村河内さんがこの映画の作成に全面協力するそうです。

理由は、自分のゴーストライターとして作曲していた新垣隆さんへの復讐か?とも言われています。
新垣さんは、あの騒動から本業も順調でモデルデビューやバラエティーデビューも成功しましたね。

森達也監督曰く、「見方180度変わる」との事。この映画が今後の佐村河内復活のキーポイントになるのかもしれない・・・。

複数の関係者によると、撮影は昨年11月ごろから、都内や関東近郊などで極秘で進められている。佐村河内氏本人へのインタビューや、関係者への取材も同時に行われており、取材や撮影の範囲や期間がどこまで広がるかなど、詳細は不明だ。森監督独自の取材による映像に加え、ゴーストライターだったと認めた作曲家の新垣隆氏(44)の会見や、佐村河内氏の釈明会見などの映像も使用される可能性もある。現段階で、配給会社は決まっていないが、来年の劇場公開を目指しているという。

出典 http://www.nikkansports.com

また、実際に騒動で流れた映像を使用するかもしれないとか。
もし、本当に使用されたらそれはそれで問題が勃発しそうな気もしますね・・。

森監督は、今回の作品について周囲に「佐村河内氏と新垣氏との関係や、2人に対する見方が180度ひっくり返るようなものになる」と話しており、日刊スポーツの取材にも「詳しい内容はまだ明かせませんが『関係がひっくり返るかもしれない』というのは、当たらずとも遠からずです」と答えた。その上で「善悪の問題だけでなく、騒動を報じたメディアの在り方やその意味などを問い掛け、社会的な問題もひっくるめた作品にできれば」と言うなど、新たな問題作として世間に提示しようと考えているようだ。

出典 http://www.nikkansports.com

「見方が180度かわる映画」。
もし、この映画が放映されたら過去に起こった事件をただ蒸し返すだけになるのではないだろうか?それとも、新垣さんが潰されてしまうのか?

または、佐村河内の復活劇への切符となるのか・・。

この映画の公開が楽しみですね!

森監督が伝えたい思い「真実とは何か。虚偽とは何か。」この映画を見る事で視野が変わるのかもしれない

映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない。誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついているのか。自分は嘘をついたことはないのか。真実とは何か。虚偽とは何か。この二つは明確に二分できるのか。メディアは何を伝えるべきなのか。何を知るべきなのか。そもそも森達也は信じられるのか。
…視点や解釈は無数にある。一つではない。もちろん僕の視点と解釈は存在するけれど、最終的には観たあなたのもの。自由でよい。でもひとつだけ思ってほしい。
様々な解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしいのだと。

出典 http://natalie.mu

また森監督が、この映画で投げかけるテーマが非常に難しい内容になっていますが、それと同時に非常に考えさせられる内容になりそうです。

見終わった頃には、違う視点で足を踏み出せるようになれるような映画なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

多良はじき このユーザーの他の記事を見る

ブログでは10年に渡る婚活記事や、小説などを書いてきました。
街コンサイトでコラムライターを連載中です。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス