記事提供:Blog@narumi

I gotta take a shit.

かなり入りづらかったけど、渋谷、並木橋の交差点にあるサンドイッチ屋さんがもうめちゃくちゃに美味しかった

店名はたぶん「BUY ME STAND」。外見からだと何のお店かわからない。店先のガラスにはBREAKFAST 400YEN、LUNCH 1000YENとそっけなく書いてあるだけ。よく見たら、「SAND WICH STORE」とある。

こんな感じだけど最高にうまい。東京一のサンドイッチだと思う。たぶん。

店に入るとなんだかアメリカンな雰囲気。田舎のロードサイドのモーテルにくっついてるハンバーガーショップみたいで良い。アメリカの田舎には行ったことないから、イメージね。

店構えと同じくらい、なんだか見えない壁を感じるメニュー。写真一切なしというのがクールだ。そうか、こういう不親切なメニューで何が出てくるのかわからないまま緊張して注文するの、まるで外国に来た感じがしていい。

じっとメニューを見ていたら、「アップルチークスがおすすめ」と店員さんが教えてくれた。豚バラ、リンゴ、玉ねぎ、カマンベールが入ってるらしい。完全に、食べたことのない組み合わせだ。それに挑むことにした。

やたらと広いキッチンには大きな鉄板。あそこでホットサンドを焼き上げる。

ランチはコーヒーか紅茶付き。このポットから飲み放題なのでがぶがぶ飲んだ。いい感じに薄いアメリカンだった。このコーヒーが気に入った。

牛乳は入れたければ好きに入れる方式。パックそのままというのが素晴らしい。

店内は満席だった。座れるまで待つのかなと思ったら、「2階へ」と店員さん。外の階段を上がって、再び建物の中に入ると、そこはまたおしゃれなフロア。バーカウンターに、妙なテーブルとチェアが置いてある。いちいち適当な感じが落ち着く。

バーカウンターに1人、座ってサンドイッチに対面した。アップルチークス、はじめまして。

見た瞬間に美味しさを確信した。薄く切ったリンゴがしゃきっとして、甘みと酸味が豚バラの脂を中和し旨味を引き立たせるだろう、溶け出したカマンベールがそれらを優しく包みこむだろう。きっとここでしか食べられないんだろう。そう思った。

これほんとにうまい。この組み合わせはすごい。リンゴと豚バラとチーズがこうなるのか!って。そしてトロトロに煮こまれた玉ねぎがいい仕事をしている。

焼きたてのパンはバターを吸い込んでバリっとして、豚バラの脂にリンゴの爽やかさ。チーズと玉ねぎがとろとろっと濃厚、リンゴがしゃきっとして、チーズがどんどん溢れてくる…の繰り返し。

こんなに美味しいサンドイッチは食べたことがない。ついでに、付け合せのコールスローもすごくよかった。繰り返すけどコーヒーもうまい。文句なし。

アップルチークスは1300円。ランチにしてはけっこういい値段なんだけど、全然あり。本当に美味いサンドイッチやハンバーガーにはこれくらい別にいいね。

で、また別の日に来た。この日は1階のカウンターに座る。

同行者がアップルチークスを注文したので、ぼくは「ブルーマンデー」。牛肉、玉ねぎ、ブルーチーズ、スライスオレンジが入っているらしい。リンゴの次はオレンジだ。

待っている間、シェアしますかね、なんて話してたら、最初からこんなふうに持ってきてくれた。親切。

ブルーマンデーも斬新。へぇーブルーチーズにオレンジの組み合わせはこうなるのかって。驚きとともに、もちろん美味しくて大満足。

また来た。お店に置いてある英語の本をぱらぱらと読む。「正しいFUCKの使い方」という本だ。

読んでみると、かなり実用的でおもしろかった。そのままアマゾンでぽちったら、英語カテゴリでベストセラー1位だった。なっとく。

英語を勉強していたら、バインミーがやってきた。バインミーというのはベトナムのサンドイッチ。実はずっとこれが気になっていた。

具材はチャーシュー、なます、マスカルポーネ、パクチー。めっちゃおいしそう。マスカルポーネを使うあたりがこのお店らしさでしょうか。

週に3回来るくらい、気に入ってしまいました。アップルチークスはやはりおすすめだけあって一番のインパクト。ブルーマンデーもバインミーもそれぞれ個性があって美味しい。メニューはまだまだある。通い続けるのが、すごく楽しみ。

英語の勉強もすすむだろう。最近はこのセリフが気に入ってる。

ところで、ここは元GIZMODO編集長、現サイバーエージェントの尾田和美さんのFacebookポストをきっかけに知った(残念ながら面識はない)。でないと、なかなか一見さんは入りにくい店構え。

尾田さんがサイバーエージェントで手掛けるウェブメディア「SILLY」にも、このサンドイッチ屋さんのことが載ってる。お店に食べに行ってから読むと、ニヤリってできる。

渋谷・並木橋のサンドイッチ屋「BUY ME STAND」|01|SILLY

ちなみにこっちでは「世界一のサンドイッチ」と評価されてる。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス