記事提供:TABIPPO.NET

アメリカを西から東へ縦断し、大都ニューヨークから渡った先はメキシコの首都メキシコシティ。

思っていたよりも大きくてきれいな空港と都市の高層ビルディングが並ぶ発展している姿とともに見えるのは、交通渋滞の概念を覆されるような車の数と強引な運転と、公園のあちらこちらに居る物乞いの人々と…

そんなメキシコに着いて3日目。

私のお腹は悲鳴を上げました。お腹だけならよかったのですが、発熱もしまして、宿のスタッフさんに相談したところ、すぐさま病院送りとなりました。

海外での初診療。日本人宿のスタッフさんに連れられ、ドキドキしながら順番を待ちました。

狭い通路を越えた先に4畳の診療室

宿から歩いて5分ほどのところにある場所に、診療所がありました。

連れて行ってもらったので場所に迷うことはなかったのですが、マンションみたいな建物の奥行った先にある小さな扉の中がその診療所でした。

大きな看板が出ているわけでなく、大人2人は並んで進めない程の細い通路を進み、先にある扉の奥。

知っている人にしか絶対に分からないようなここで診てもらうことに対して不安が一気にやってきます。

小さな診察室なので待合場所なんて無く、診察を受ける人以外は、扉の前の細い通路で待たなければなりませんでした。

通訳として一緒に連れて行って下さった方に確認して頂き、私の番となり入室を許されました。

目の前に現れたお医者さんは…

座っていたのは若くてイケメンのお医者さん。同行の方いわく、この先生は腕もよく当たりだよとのことで一安心。

日本の病院と同じように症状を伝えて問診を受けた後、血液検査をする運びとなりました。

そして、ここからわたしは思っても見ない指示を受けることになるのです。

注射針は病人自ら買いに行く

「じゃあ血液検査と注射を打たせてもらいますので、この紙を薬局へ持っていってまた戻ってきてくださいね。薬局は出て左にあるから」とイケメン先生がさらっと伝えてくる。

…へ?

説明の後に何か書かれた紙を渡されました。

「薬の処方せんならまだしも、注射のために?なんで?」

と思っていたところ、どうやら注射セットも診察を受けてから薬局で買い、それを使用して注射を打ってくれるというスタイルの模様。

小さな診療所を出てすぐ先の薬局で紙を渡し、注射の容器と針を買い、診療所へ戻りました。

ベッドに仰向けにならないで!

おかえりと迎えられ、先ほど手に入れた注射セットを渡して、先に血液検査をすることに。血圧を測った後に採血されました。

さっき病人の私が薬局へ行って買ってきた注射のパックを開けてセットしているイケメン。

仲間内では注射嫌いで有名なわたしでさえ、そのときは採血されることへの恐怖心よりも「不思議な文化だなあ〜」と、呑気にニヤニヤしていました。

すると、いよいよ注射を打つので奥の部屋のベッドの上で待っていてくださいとのこと。

ベッドへ移動して、仰向けになったわたしを見るなり、先生の声が響きました。「体勢が違うよ!逆!」

うつぶせの体勢に変更、そして…

病院で注射を打つ際、たいていは椅子に座った状態で腕を出して打ってもらったり、ベッドの上で点滴を受けるみたいに仰向けで肘の裏を出しておくイメージですよね。

そのとき、私もてっきり後者の感じで注射されるもんだと思っていたんです。

どういうこと?どうやって注射するの?って思いながらも、うつ伏せになると…

じゃあ失礼します。とイケメンの腕が腰あたりに触れました。次の瞬間ズボンとパンツが…ずるっと半分位まで下ろされていました。

24歳女子、お尻に注射を刺される、の巻

???何が起きたの??どういうこと?

って思っていたら、あれよあれよとお尻にグサっと針が刺さって気づけば注射終了していました。

ちなみに、ベッドのくだりから合わせて3分間くらいの出来事です。

かかった治療費と診断結果

そうして治療が終わり、薬も処方されることとなり、再び薬局へ行き、薬を買いに行きました。

血液検査の結果は翌日に伝えられるとのことだったので、ひとまずその日は宿に戻り、薬を飲みながら大人しくしていました。

結果的に大きな感染病にかかったわけでなく、環境の変化や疲れからなる、誰にでもおこりうる腹痛と発熱でした。

この先の旅に支障が出ることもなかったので一安心。

海外の病院=高額

だと聞いていたので、どの位になるのかなと思っていたのですが、結果的に全てあわせた金額も、日本円で2800円程と良心的な費用でした。

国の医療制度や物価によって変わってくるのだと思うのですが、メキシコシティではこの位の金額でした。腕の良いイケメン先生だったから言うことありません。

終わりに

私は病院での治療に関する保険に入っていたので、その費用に恐れることなく病院へ行くことが出来ました。

結果的に金額的にも大きな負担になることなく、すぐに回復。

しかし、旅の途中、思ってもいなかったところで病院送りになることだって誰にでも起こりえます。

普段、割と元気な旅人が入院したのも知っています。保険は高額だしどうしようかなと迷うことなく入っておきましょう。

それにしてもあの注射、お尻に打たれる意図は何だったのだろう…

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス