記事提供:カラパイア

またしても忠犬の姿が人々の涙を誘っていたようだ。

必ず帰ってくると信じて、飼い主の住む家の前で2週間以上も座り続けていたジャーマンシェパード。だが飼い主が戻ってくることは二度となかった。勤務先のコンビニで強盗に殺されてしまっていたのだ。

出典 YouTube

このジャーマンシェパードの飼い主は54歳のヘイテム・アブハービッドさん。2月7日、ヘイテムさんはいつものように仕事に出かけた。

しかし、その夜、ヘイテムさんが働いていたコンビニが2人の強盗に襲われ、事件に巻き込まれたヘイテムさんは死亡してしまった。

「この犬は飼い主を失ってしまったのです」と近くに住むカッサンドラ・ユーバンクさんは、テレビの取材に対しそう答えた。

「ずっと玄関前に立っていて、飼い主が車で帰って来るのを待ちわびているんです。車の音が聞こえると飼い主が戻ってきたのかと車を追いかけて行くんですが、飼い主じゃないと分かるとこの場所に戻ってきて悲しそうに佇んでいるんです」

その日、コンビニで働いていたヘイテムさんは、2人組の強盗が押し入った際に発砲を受けた。警察の発表によると、犯人が撃った弾がヘイテムさんの足の動脈を貫通し、運ばれた病院先で死亡が確認されたそうだ。

しかし、ヘイテムさんの飼い犬のジャーマンシェパードは、主人が殺されたなどと知る由もない。

「あの犬は困惑しています。何が起きているのか分からないんでしょうね。もう2週間も飼い主が戻ってこないんですから」とカッサンドラさんは話した。

同じアパートに住む人たちが犬のために水や餌を運んでいるが、犬は誰にも近づこうとしなかった。困り果てた近隣の人たちは、SNSでこの犬を助けてくれる人を呼びかけた。

それに返事をしたのがマランダさんだ。彼女は自分の飼い犬と共にアパートにやってきた。

なんとか、ジャーマンシェパードを説得して、外に連れ出そうとするのだが、ジャーマンシェパードはマランダさんが首輪をつけようと近づくと、階段を3段駆け上り、近づこうとさせてくれない。彼女がその犬の信頼を手に入れるまでには1時間かかったという。

「とても心が痛みました。あのかわいそうな犬は飼い主を失ったのです。一番の親友を」とマランダ・ペレッツさんは話してくれた。

「私が触れるたびに震えていました」

マランダさんは1週間その犬を引き取り、その後はヘイテムさんの兄が引き取る意向だという。

出典:abc
出典:nola

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス