100円ショップDAISOの「手ぬぐい」が大人気♡

出典 https://locari.jp

ダイソーの手ぬぐいはとにかく柄が豊富で、ありがちな和柄だけでなく寿司や相撲、動物、メガネなどちょっぴり変わったデザインのものが多く、そのダサ可愛さが魅力となって今大人気なんです。

特に人気なのがハリネズミ柄とメガネ柄。

パンダも可愛い。
意外に人気の相撲柄ですが、使い道に困る人も多数…

海外からの観光客にもウケそうなニッポン柄。
ローマ字で書かれた水戸納豆がなんだかシュール。

私もイチオシしたいおむすび柄!
お弁当袋を作りたいです。

うさぎ柄。紺色がまた日本らしくて素敵ですよね。

手ぬぐいってどう使う?インスタで見つけたアレンジ例

まずは巾着袋とあずま袋に挑戦。
あずま袋は風呂敷を二ヶ所縫うだけで作れる袋です。手ぬぐいの場合も三つ折りにして上下二ヶ所縫って作ることができます。

外出先でスマートに読書を楽しむためのブックカバー。
100円だから気軽に何枚も作りたくなります。

こちらの中身は牛乳パックのようですが、綿や要らないタオルを詰めてミニクッションも作れそうですね。

その他にもティッシュカバーやのれん、甚平まで作り上げる人も。

薄くて扱いやすいので手縫いも楽ですし、洗えて乾きも早いのも嬉しい手ぬぐい。
今回、ママに人気の雑誌「kodomoe」4月号にて手ぬぐいを使って子供用アイテムを作るという特集が組まれています。
その中から特に簡単で可愛い「子供用エプロン」の作り方をご紹介したいと思います。

ダイソーの手ぬぐいで作る「子供用エプロン」

●用意するもの
手ぬぐい  1枚
綿テープ  幅20ミリ×長さ2.9メートル
布用ボンド

縮み防止のために手ぬぐいは水通ししておきます。

【1】手ぬぐいをカットし、アイロンをかける。

手ぬぐいの上部左右を三角に、裾は子供の身長に合わせて好みの長さにカットします。
カットした部分は一センチほど折り返してアイロンをかけておきます。

出典Limo

↑ダイソーのおにぎり柄手ぬぐいで子供用エプロンを作ります。
画像右上のほうに大きなタグがあったので、切り落とす形にしました。
紐を通して腰で縛るようにするので、もう少し腰へ向かって斜めにカットしたほうが良さそうです。
下部分はのちほどポケットを作るのに使用します。

出典Limo

↑切りっぱなしになる部分を折って補強します。
裾は今縫ってしまってもいいし、仕上げの段階でまとめてミシンがけしても構いません。

【2】ポケットをつくる。

切り離した裾の余り生地でポケットを作ります。
切りっぱなしになる部分は三つ折りにして布用ボンドで止めておきます。
縫い目が隠れるように内側に折り、アイロンをかけます。

出典Limo

↑仮縫いしておくと本体につけるときに楽だとおもいます。
本誌では布テープでワンポイントの飾りをつけています。

【3】ポケットを取り付け、紐を通して完成。

お腹の辺りにポケットを縫い付けます。
紐通し口は出来るだけ内側のフチを縫うように注意してくださいね。
裾はまつり縫いにし、紐を通したら完成です。

出典Limo

↑斜めになっているところに紐を通すので、できるだけフチを縫うようにします。
本誌では布テープが使われていますが、代わりに丸紐を使っても手軽です。丸紐も100円ショップで4メートル程度のものが手に入ります。

たったの3ステップで完成してしまう「手ぬぐいエプロン」。
お子様に布をあてがってサイズ確認をしたら、あとは几帳面に測らなくても簡単に作ることができますよ。

こちらはお子様が作ったそうです。すごいですね!
何枚も作りたくなる可愛さと手軽さです。

本誌ではより詳しい作り方や、巾着やスカートの作り方も紹介されています。
発売中の「kodomoe4月号」を確認してみてくださいね。

kodomoe4月号は三大付録つき♡

出典limo

付録にはミッフィーのポシェット、絵本、とじ込みの将棋ゲームも付いてくるなど内容も盛りだくさんです。
書店で見かけたら手に取ってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス