出典 http://www.uniqlo.com

メゾンエルメスの元デザイナー、クリストフ ルメールが手がけるコラボレーション第二弾、”UNIQLO and LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)”2016SSコレクションがいよいよ3月4日よりスタート。ますます、ユニクロから目が離せませんね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ファストファッションの着こなしに欠かせない「ユニクロ」。トレンドライクなアイテムというよりは、品質重視で老若男女、年代に関係なく着こなせ、万人が納得できる定番アイテム揃い。ユニクロの「フリース」などは発売開始以来、現在に至るまで毎年驚異的な枚数が販売されています。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

長く愛せるベーシック志向のアイテムで、長く使えるコスパのよいアイテムユニクロ。万人に愛される分、デザインやシルエットは無難ではあるものの、品質に関しては価格に見合っており納得できますよね。

ユニクロの全商品リサイクル活動

出典 http://www.uniqlo.com

万人に愛され、品質重視のユニクロのアイテム全商品リサイクルできることをご存知ですか?2001年10月フリースのリサイクル活動からスタートし、2006年には全商品リサイクルに拡大しているのです。

「全商品リサイクル活動」の歩みは2001年10月、ユニクロのフリースリサイクル活動で始まりました。その後、回収商品の対象をユニクロとジーユーで販売する全商品に拡大。

出典 http://www.fastretailing.com

2006年に活動を開始した当初は、工業用繊維などの「材料」としてのリサイクルを考えていましたが、お客様からお預かりした衣料のほとんどがまだ着られる状態であったこと、「服」は「服」のまま役立てたいとの思いから、リユースとして世界中の服を必要としている全ての人へお届けする活動を開始しました。

出典 http://www.uniqlo.com

 お客様に長く着ていただける「本当によい服」を生産し、販売するだけでなく、ご使用いただいた後の商品をお預かりし、リユース・リサイクルする。服の価値を最後まで最大限に活かすことも重要な責務だと、ユニクロは考えています。

出典 http://www.uniqlo.com

難民支援プロジェクト「1000万着のHELP」

出典 http://www.uniqlo.com

現在行われている「1000万着のHELP」プロジェクトでは、多くの衣料が集まっています。ユニクログローバルブランドアンバサダー、アダム・スコット選手、国枝慎吾選手、また多くの企業、団体、学生が協力し、プロジェクトを応援しているのです。

1000万着という支援。あなたの助けが必要です。今世界は、かつてないほど大勢の難民であふれています。安全な新しい場を求めて、故郷を捨てざるを得ない人々が何千万人もいるのです。

出典 http://www.uniqlo.com

ユニクロは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR The UN Refugee Agency)と協力し、1000万着の服を世界中の難民の方々に届ける活動をしています。ご不要になったユニクロ・ジーユーの服は、ぜひ店頭のボックスへ。あなたの1着には、世界を変える力があるのです。どうか、ご協力をお願いします。

出典 http://www.uniqlo.com

必要な人に、必要な時に、必要な服を

出典 http://www.uniqlo.com

ユニクロの究極の目標は、服を必要としているすべての人に、そのニーズを満たす服を届けること。

「すべての難民の方々に、1人1枚、ユニクロの服を届ける」という支援の対象をさらに拡大し、「世界中の服を必要としているすべての人に、本当によい服を届ける」ことを目指し、世界中の現地のニーズに合った形で寄贈を進めていきます。

出典 http://www.uniqlo.com

2015年10月ウガンダの難民キャンプに寄贈

出典 https://www.facebook.com

全商品リサイクル活動で集められた服がどのように役立っているか?協力したらその後がどのようになっているのか、興味深くなりますね。責任を持って確認するため、ユニクロの従業員が実際に難民キャンプ等を訪れるのだそうです。そしてその時の様子をフォトレポートとして公式サイトで報告されています。

お客様からおあずかりした服を、ウガンダの難民キャンプに届けました!昨年、東アフリカに位置するウガンダ共和国を従業員が訪問し、近隣諸国から逃れ避難生活を送る難民へ服を届けました。

出典 https://www.facebook.com

世界には本当に服を必要としている人がたくさんいる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

世界には、私たちの想像以上に困難な環境で暮らす人々がたくさんいます。本当に服を必要としている人あなたの1枚をおくることで、支援の輪が広がるのです。

世界には本当に服を必要としている人が、まだまだたくさんいます。できるだけ多くの皆さまに服の回収にご協力いただくことで、困難な環境で暮らす人々への支援の輪は着実に広がっていきます。ぜひ皆さまのご協力をお願いします。

出典 http://www.uniqlo.com

どこに持っていけば良いの?

出典 http://www.uniqlo.com

全商品リサイクル活動は、一年間を通してユニクロ・ジ―ユーの全店で実施しています。各店舗の衣料回収BOX(※一部店舗を除く)または、店頭スタッフにお渡しすればOK!

■回収方法について
・いつでもお預かりしています(営業時間内)。
 全国のユニクロ・ジーユー店舗にお持ちください。
■お持ちいただく服について
・ユニクロ・ジーユーで販売した全商品が対象です。
・よい状態でお届けするために、お洗濯の上、お持ちください。
・貴重品などが入らないようご注意ください。
 衣服のポケットなどに入っていた物に関しては、責任を負いかねます。

出典 http://www.uniqlo.com

ジーユーは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR The UN Refugee Agency)と協力し、1000万着の服を世界中の難民の方々に届ける活動をしていきます。ご不要になったジーユー・ユニクロの服は、ぜひ店頭のボックスへ。あなたの1着には、世界を変える力があるのです。どうか、ご協力をお願いします。

出典 https://www.facebook.com

協力した人の声も続々!

ユニクロの全商品リサイクルと「1000万着のHELP」プロジェクト、いかがでしたか?
季節の変わり目、クローゼットの整理をしながら、あなたの1着で支援の輪を広げてみませんか?

この記事を書いたユーザー

atsuko このユーザーの他の記事を見る

『素敵に楽しく心地よく、幸せな1日』がモットー。キレイ、美味しい、新しいコト・モノが大好き。品位と知性、ワクワク楽しむことを大切に情報発信中。
by.s プラチナライター
http://ameblo.jp/fleuraison/
https://instagram.com/atsuko_hashimoto/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス