街中でのちょっとしたいざこざ、ママさんバレー、ラーメンの湯切り…。そんな日常の場面に“ワイヤーアクション”が取り入れられると、そこにはどんな光景が広がるのでしょうか?

それ自体に説明の必要はないほど、今や一般的に浸透した撮影・演出手法となっているワイヤーアクション。ワイヤーで人を吊ることで大きな跳躍や回転を可能にするこの手法が初めて使用されたのは、1954年上演のブロードウェイミュージカル『ピーターパン』。さらに、その元祖は日本の歌舞伎の「宙乗り」と言われています。

そんな歴史あるワイヤーアクションが、我々の日常生活に入ってきたら…。

「ママさんバレー」だとこんな具合に…

出典 http://lo.ameba.jp

出典 http://lo.ameba.jp

圧倒的上空からのアタックと、滑空するようなレシーブ。少し所帯じみたところがあったママさんたちが、ワイヤーアクションによって輝きを放つようになりました。

実際にどんなアタック&レシーブになっているかは、動画でご覧ください。

出典 YouTube

「ラーメンの湯切り」でやると…

出典 http://lo.ameba.jp

こちらの男性は、渡辺功さん63歳(もちろん役名です)。中学卒業後、鳶職や大道芸人などを経て屋台ラーメンを始め、屋台稼業は40年になりますが、そろそろ潮時と考えているのが実際のところ。

そんな渡辺さんのところに、謎の男性3人組が現れます。

出典 http://lo.ameba.jp

チャーシューメンかタンタンメンか迷う姿に思わずクスリ。そういえばこの男性たち、ママさんバレーの試合会場にも…。

出典 http://lo.ameba.jp

バレーボール編の動画をご覧になっていれば見覚えのある…、バレー監督の制止を無視して勝手にワイヤーアクション演出を始めていた、あの強引な人たちです。

出典 http://lo.ameba.jp

当然この屋台ラーメンでも、戸惑う渡辺さんに強引にワイヤーを施していきます

そして現れた光景が…。

飛び散る湯!

出典 http://lo.ameba.jp

回転しながら上昇し、目算で上空約5メートルからの“美しすぎる”湯切りを披露するのです!

最後の渡辺さんのドヤ顔は、ぜひ動画でご覧ください!

出典 YouTube

さて、これらのワイヤーアクションムービーが何の動画かというと、世界最大級のオンラインストリーミング「Netflix」で2月26日から全世界同時オンラインストリーミングされた『ソード・オブ・デスティニー:Crouching Tiger, Hidden Dragon』の配信を記念し制作されたスペシャルムービーなのです。

出典 http://lo.ameba.jp

半ば強引に登場人物をワイヤーアクションに巻き込むのは、この香港撮影クルーの3人。左から、実際に武術家としても華々しいキャリアを持つ武術監督ウー・フイオン、無口な職人肌のワイヤー技師カム・リクチー、即興演出で有名な情熱派監督ジミー・ホウという細かいキャラクター設定にこだわりを感じます。

3人が暴れるこのスペシャルムービーシリーズはSNS上で話題沸騰となっており、第1弾として2月26日に公開された <いざこざ篇>は、公開からおよそ10日で再生回数は約250万回を突破!

コワモテの男性と気弱そうなサラリーマン男性の絶妙にコミカルなやり取りが人気のこの動画。サラリーマンの謝りながらの攻撃と、それにビビるコワモテ男性の反応は、“電車内閲覧注意”な面白さがあります!

出典 YouTube

こちらの動画をみたユーザーからは、「笑った」という声がTwitterに多く投稿されていました。

なお、シリーズの締めくくりとして、ワイヤーアクション愛あふれる歌が入った「総集編」も公開。

出典 YouTube

このシリーズを見ていると、日常の何気ない瞬間に「こんなときワイヤーアクションが使えたらな…」と夢想してしまいますね。ワイヤーアクションといえば…

圧倒されるアクション超大作『ソード・オブ・デスティニー』

出典 http://lo.ameba.jp

2月26日より配信されているNetflixオリジナル『ソード・オブ・デスティニー:Crouching Tiger,Hidden Dragon』は、2000年に公開され第73回アカデミー賞で4部門を受賞した大ヒット映画『グリーン・デスティニー』のその後の物語を描いたアクション超大作。壮絶なワイヤーアクションを駆使しながら壮大な世界観がつくり出されています。

本格的なワイヤーアクションをコーディネートするのは「ケイスタントフィルム」。今回のスペシャルムービーシリーズでも、本作と同じく、こだわりのワイヤーアクションが実現しました。

彼らは『るろうに剣心京都大火編/伝説の最後編』や『進撃の巨人前篇/後篇』など数々の映画やショーにおいて、観客の度肝を抜くアクロバティックなワイヤーアクションを実現してきたプロ集団。

そんな彼らも、プロのスタントマンを使わず、笑いも交えた今回のシリーズで、ワイヤーアクションの新たな可能性を引き出したといえるかもしれませんね。

今回紹介した動画以上に、迫力のあるワイヤーアクションが見られる『ソード・オブ・デスティニー:Crouching Tiger, Hidden Dragon』、ぜひNetflixでご覧下さいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス