子どもの頃に「何でも治る薬があったらいいなぁ」、「頭が良くなる薬があったらいいのに…」と考えたことってありますよね?時に大人の想像を超えたり、感心させられたりする子どもの考え。

今回はそんな、子どもたちが考えた夢のお薬に関する動画を紹介します。

出典 http://lo.ameba.jp

動画の舞台に選ばれたのは、薬剤師が最も好感を持つジェネリックメーカー1位に6年連続(※)で選ばれた沢井製薬の関東工場。

※2016年3月末日現在

出典 http://lo.ameba.jp

製薬会社の工場と聞いて、ちょっと古い建物をイメージしていましたが、総ガラス張りの建物はお洒落なだけでなく、清潔感も漂っていますね。


出典 http://lo.ameba.jp

そんな工場に子どもたちが入っていきます。何をするのかというと…

出典 http://lo.ameba.jp

実はこちらの工場で、工場見学が行われたのです。参加したのはこちらの6人の子どもたち。

出典 http://lo.ameba.jp

工場のスタッフさんから説明を受けた後は、さっそく工場見学がスタート。

彼らが真剣なまなざしでガラス越しに見ているのは…

出典 http://lo.ameba.jp

白衣に身を包み、薬の品質管理をするスタッフの様子でした。

このような日々の積み重ねから、私たちを助けてくれる薬が生まれるんですね。

出典 http://lo.ameba.jp

今度は体に付いたゴミやホコリを取り除くエアシャワーのエリアに来ました。ここまででも衛生面にかなり気を使っている様子がうかがえましたが、ここから先は更に厳重なエリアということなのでしょうか?

もっとも彼らにとってはそんなことはお構いなし。エアシャワーの通路を楽しそうに通っていきます。

出典 http://lo.ameba.jp

その先にあったのは、薬を梱包する機械の数々でした。

自分よりも大きなロボットがテキパキ動く様は本当にダイナミック。

出典 http://lo.ameba.jp

ロボットが一定のスピードで動きながら、どんどん薬が梱包されていきます。

沢井製薬では、このように無人化を積極的に進めることで、クリーンな製造環境、リスク低減、コスト削減に取り組んでいるそうです。

出典 http://lo.ameba.jp

薬の梱包過程によっぽど興味を惹かれたのか、子どもたちは食い入るようにロボットの動きを見つめています。

出典 http://lo.ameba.jp

最後の見学場所は薬を保管しておくための倉庫です。

薬が効果・効能をしっかりと発揮できるのかを確認するため、倉庫内を常に一定の湿度・温度に保ち、できあがった薬を数年間保管しているとのこと。薬を梱包した後も気配りが行き届いているからこそ、高品質な薬を患者さんのもとへ届けられるんですね。

出典 http://lo.ameba.jp

工場見学が終わった後は子どもたちに「夢のお薬」を考えてもらうことに。

出典 http://lo.ameba.jp

子どもたちは真剣な表情で色鉛筆を走らせ、思い思いの薬を形にしていきます。

出典 http://lo.ameba.jp

工場見学を経て、薬がどのように作られていくのか知ることができた子どもたち。彼らが考えた薬は一体どのようなものだったのでしょうか?

この続きは動画でご覧下さい。

動画はこちらから

出典 YouTube

いかがでしたでしょうか?

今回の工場見学を機に、彼らが医学・薬学の道に進み、自分たちで考えた夢の薬を実現してくれたらと期待が膨らみます。

また今後も、沢井製薬が患者のために高品質な薬を作り続けてくれることも願ってやみません。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス