記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
腰痛も多くの妊婦さんを悩ませる症状の一つ。そして妊娠中は、慢性的な腰痛に加え、急に強い痛みが襲う「ぎっくり腰」にもなりやすいのです! 重いお腹を抱えている妊娠中なのにぎっくり腰になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?

今回は、妊婦さんがぎっくり腰になる原因と、その対処方について医師に聞いてきました。

妊娠中のぎっくり腰…その原因は?

ぎっくり腰は、日常生活のふとした動作などがきっかけとなり、突然強い痛みが起って動けなくなる「急性腰痛症」です。

妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、お腹もだんだん大きくなっていきます。そして重心が変わり、前かがみになったり猫背になることも多いです。このような姿勢は、筋肉にも負担がかかり、疲労がたまります。そんなとき、何かのきっかけでグッと腰に力がかかると、筋肉や筋膜に炎症が起こったり、腰椎捻挫などが起こり、ぎっくり腰になります。

さらに妊娠中は、女性ホルモンの影響により、骨盤周辺の筋肉や靭帯(じんたい)がゆるみ、負担もかかりやすく、ぎっくり腰が起こりやすくなってしまうのです。

妊娠中、ぎっくり腰になってしまったら

1. 楽な姿勢をとる
ぎっくり腰になってしまったら、まずは楽な姿勢をとって安静にすることが大切です。無理に動いたり、起き上がったりせずに、痛みが楽になる姿勢を探しましょう。横向きで膝を少し曲げてねると楽になる場合もあります。

2. 安静にする
痛みが強いときは患部を冷やし、なるべく安静にして休養することが大切です。かなり痛む場合は、整形外科を受診しましょう。妊娠中でも、痛み止めや湿布などによって症状に対応することが可能です。

3. 痛みを緩和する体操を
痛みが落ち着いてきたら、仰向けになり、膝を軽く曲げ、右左とゆっくり膝を倒していく体操を行ってみましょう。これが痛みを緩和するのに効果的なこともあります。

妊娠中の、ぎっくり腰予防方法

ぎっくり腰を起こさないようにするために、急に腰に負担がかからないよう、気をつけることが大切です。

1. くしゃみには支えを
ぎっくり腰のきっかけになりやすいのは、くしゃみです。くしゃみをすると、瞬間的に腰に負担がかかります。ですからくしゃみが出そうな時は、壁など何かにつかまったり、支えを作ると、予防に効果的です。

2. 重い荷物は持たない
妊娠前は軽々と持てたものでも、妊娠中に持つとぎっくり腰を起こすことがあります。無理はしないようにしましょう。

3. 腰を冷やさない
寒いと筋肉の血行が悪くなり、筋肉が緊張することで、ぎっくり腰も起こりやすくなります。腰まわりを中心にあたたかく過ごすようにしましょう。

4. 体操をする
先に痛み緩和で紹介した「仰向けで膝を曲げ右左と膝を倒す体操」は、筋肉を和らげるのでぎっくり腰防止にも効果的です。

≪妊娠中正しい過ごし方出来ていますか…?≫
妊娠中の皆様、正しい過ごし方出来ていますか?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス