2006年にフロリダ州のプラント・シティに住む アブラハム・シェークスピアさん(男性)が宝くじで3,100万ドル(当時約28億円弱)の高額当選をした。シェークスピアさんは当選金額の一括現金払いを選択し、 実際には1,690万ドル(当時約15億円)を手にした。だが、シェークスピアさんはその後、行方不明となっている。 最後に姿が目撃されたのは2009年4月であった。

高額当選した後のシェークスピアさんの発言と行動

シェークスピアさんには、住居侵入窃盗や子供の扶養手当の未払いなどに対する前科があった。(アメリカでは扶養手当未払いも犯罪となる)

シェークスピアさんは、高額当選したお金で、日産アルティマ、質屋からローレックスの腕時計、100万ドルの家などを購入している。そしてシェークスピアさんは「貧しい人たちのために、 寄付も始めようと思う」と発言しており、 「自分はいくらお金を得ても、何も変わってはいない」と主張していた。

更に「僕は優れた人物ではない。」と2007年に発言していた。

だが、実際には宝くじで手にしたお金が彼の人生を狂わせ始めていた!

彼が宝くじで高額当選して手にしたたくさんのお金は、その後、 シェークスピアさんを次々にトラブルへと巻き込んでいった。

2007年、シェークスピアさんはかつての同僚から”あの宝くじのチケットは俺からシェークスピアが盗んだものである”と訴えられた。だが、陪審員は宝くじチケットはシェークスピアさんの ものであると判決を下している。

その後も、周りの人々が絶えず、シェークスピアさんにお金目当てで近づいてきていたという。

シェークスピアさんの母親は、「息子が宝くじに当たったと知ると同時に彼らは押しかけた。」と語っている。更に母親は、「息子は気前のいい子だった。宝くじ当選後は、ビジネスを始めるという友人たちにお金を貸したり、まったく知らなかった男性にまで100万ドルをあげていた。」

白骨遺体で発見!

2010年1月28日(木)、プラント・シティのある家の近くでシェークスピアさんの白骨死体が発見された。白骨死体が発見されたのは、シェークスピアさんの行方不明事件で重要参考人となっていたドリス・ムーア(女性)が住んでいた家の近くである。その家はドリス・ムーアのボーイフレンド所有のもの。

当時、ムーアはシェークスピアさんの行方は知らないと語っていたが、ムーアの銀行口座にはシェークスピアさんの口座から100万ドル(当時約9千万円)以上の金額が移されていた。これに対してムーアは「お金はシェークスピアからプレゼントされたものである。」と答えており、 罪に問われることはなかった。

シェイクスピアさんに突然接近してきた女性ムーア

問題とされている先のムーアはシェークスピアさんが100万ドルの家購入直後から彼に接近してきたという。ムーアはシェークスピアさんの人生を本に書きたいといって近寄ってきたという。そして高校も卒業していなかったムーアが やがてシェークスピアさんのファイナンシャル・アドバイザーとなったのだ。

ムーアが経営する’アメリカン・メディカル・プロフェッショナルズ’は2009年1月にシェークスピアさんが購入した100万ドルの家を65万5千ドルで買い取っている。

シェークスピアさんの母親によると、息子の姿を最後に見たのは、2009年2月のムーアの誕生日ごろであったという。

だが、他の目撃者が2009年4月にシェークスピアさんの姿を見かけたと証言している。だが、その証言は警察が2009年11月9日にシェークスピアさんの行方不明事件を発表した後に得られたものであった。

彼は宝くじ当選した時から常に話題の人となっていた

このシェークスピアさんのことは、それまでに何度もアメリカで話題となっていました。 最初に話題となったのは、宝くじの高額当選をした時です。そして次に話題となったのは、その宝くじチケットを’シェークスピアさんが盗んだのだ’と訴えた元同僚が出現した時。

それによって、シェークスピアさんはアメリカでは話題の人となり、更に前科があったことから、疑惑の人ともなりました。だけど、無罪となったことでしばらくシェークスピアさんの話題はとりあげられませんでした。それが突然、昨年、行方不明事件として、またシェークスピアさんのことがニュースになったのです。

その時にもいろいろとマスコミは書きたてていました。’本当はやはり同僚から当選くじを盗んでいたのではないか?だから行方を自らくらましたのではないか?’という無責任なものも当然ありました。また、’殺人事件なのではないか?’とも騒がれておりました。

そのシェークスピアさんが、白骨死体として発見された。それによって、当然ですがシェークスピアさんの話題が再び復活したのです。

やはりムーアが犯人だった!

シェークスピアさんは、38口径のピストルで胸を2発撃たれて死亡していたことが明らかとなりました。

その後、ドリス・ムーアがシェークスピアさん殺害の容疑者として逮捕され、裁判にかけられ、第一級殺人で有罪となりました。

2012年12月、ムーアには”仮釈放なしの終身刑”が言い渡されました。

私はいつもとても不思議に思っていたのですが、アメリカでは宝くじの高額当選をした人たちの多くが、 嬉しそうに微笑んでマスコミの取材を受け、写真を撮らせているのです。そんなこと、このアメリカでしたら どういうことになるか?!想像できないのでしょうか? 先の事より、喜びが勝ってそれを公表して有名になりたい。そんな人たちが本当に多いのです。

以前、宝くじの当選金額がどんどん持ち越されて、記録的な金額になった結果、ようやく1人の当選者が出ました。 当然、マスコミはその当選者がどこの誰なのかを、こぞって話題にしようとしました。

ですが、その当選者はマスコミの取材を一切拒否、表に自分の名前が出ることを避けるために弁護士をたてました。そして法的な手続きをすべてその弁護士を通してやり、結局、どこの誰だったのかはわかりませんでした。これはものすごく懸命な判断だったと思います。皆、そうすべきなのです。

アメリカの宝くじは、当選金額が持ち越され続けると、想像を絶するくらいの高額になってしまいます。そんな宝くじの高額当選は、時に恐怖へと変わってしまうのです。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス