生活に役立つライフハックを紹介するYouTubeチャンネル『House hold Hacker』がアップした、ドライヤーを使った8つのライフハック。これがとっても役立ちそうだったので紹介したいと思います。

ドライヤーと言えば、髪を乾かす以外、ほとんど使い道がないように思えますが、実は、日常生活に色々と役立つ“お助けアイテム”的存在であり、知らなきゃ損!と言っても過言ではないほどの便利道具なんです。

例えば、木製のテーブルに、熱いコーヒーカップや鍋を置いた際、熱のせいで“白いシミ”が出来てしまった事は…ありませんか?

意外に厄介な↑この白いシミ。

爪を立てて、カリカリとやってもほとんど取れないのですが…

ドライヤーの温風を数分当てるだけで…
(同じ場所に当てすぎないように注意!)

この通り!

白いシミが綺麗に取れてしまうんです!

こちらは想像しただけでも痛い、絆創膏を剥がす瞬間ですが…

こちらもドライヤーの温風を当てれば

嘘のように痛み無く、絆創膏が剥がれてしまうんです。(毛深い方の救世主になる!?)

また、基本的に、粘着力を弱める効果を持つという…ドライヤーの温風。一度、封をしてしまった封筒も…

温風を隙間から入れてやれば、ビリビリに破れてしまう事もありません。

Tシャツやシャツのシワを取る場合も、ドライヤーは大活躍!

霧吹きで水を全体的に薄くかけ…

手でシワを、軽く伸ばしながらドライヤーをかければ、シワだらけだったTシャツが見違える姿に!

では『こんな使い道があったのか!』と思わず見入ってしまう、ドライヤーを使った8つのライフハック。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

これは使える!

最後のドライヤー置き。これは、ホームセンターの排水管コーナーに売っている“継手パイプ”を流用したモノなのですが、付属のドライヤー置きよりも使える!と、たくさんの絶賛コメントが溢れていました。

温風を過度に当てすぎないよう、注意が必要ではありますが、どれも手軽で使えそうなライフハックばかりなので、気になるライフハックがありましたら、是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス