3歳児~6歳児といえば自我が芽生えてきて、自己主張が強くなってきます。
当然、その言葉は親や先生などの大人たちから大きな影響を受けての発言になってきます。

そして、その何気ない一言に意外な発見や驚きがあることも多いことでしょう。

そこで今回はそんな幼児が思いがけない言葉をTwitterのいいね数の多い順に22個紹介したいと思います。(いいね順は2016年3月5日を基準にしています。)

1・集中は疲れるけど、夢中は疲れない

これは実感ですね。趣味の世界に没頭してたら数時間があっと言う間に過ぎてしまいますからね。できる事なら毎日夢中で過ごせる生活がしたいものです。

2・名探偵

素晴らしい推理力です。

3・リア王

シェイクスピア、リア王の生まれ変わりかもしれぬ。

4・今言えば怒らない

「怒らないから」永遠の課題
女性の感情は止められないのですよ。いろいろと

5・女児パンツ

そういう趣味?疑いの目はそうそう消えませんからね。

6・ごめんね

なかなかシュールな場面です。

7・遊戯王カード

お金というシュールな世界も遊びではない。
母にとっては生きるか死ぬかのサバイバル。

8・てぃ先生

先生もたじたじ…。

9・保育園卒業

卒業は何だか寂しいものです。

10・45年のリアル

45年後生きているのかな?

11・「すき」って10回言って

なかなかのテクニック!大人でも使えそう。

12・男の子

譲れないモノがあったんだね。

13・策士

将来が楽しみですね。

14・バイ返し

某ドラマですね。

15・パパ頑張れ

なかなかしっかりしたお子さんで頼もしい。

16・避難訓練

言葉一つで変わるものですね。でも諸刃の剣ですよその言葉。

17・静電気

かみなりの実の能力者か?

18・パパすきなやつ!!

わりと驚かない時代ですね。

19・テク

試せる相手がいない。

20・二股疑惑

浮気者の片鱗が見える。

21・パパかわいそう

パパ頑張って。

22・事件

現場の空気がヤバい。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス