ロシアの石油王であり、イングランドのサッカークラブ『チェルシー』のオーナーでもある“ロマン・アブラモヴィッチ”氏が、友人6人でランチに行った際に支払ったお会計額。これが桁違いというか、想像を遥かに超越していたので紹介したいと思います。

米国経済雑誌フォーブスの『世界の億万長者ランキング』の常連でもあるロマン・アブラモヴィッチ”氏。資産は1兆円を超えていると言われ、その豪快なお金の使いっぷりは、度々ニュースになるほどなのですが、今回紹介するのは、たった1度のランチ代。では、心してお会計額。ご覧下さい!

店員『お会計は47221.09ドルになります。』

6人とはいえ、たった1度のお昼ご飯で“47221.09ドル”も使っちゃうロマン・アブラモヴィッチ氏。なお、2016年3月5日のレートは1ドル → 113.7950円なので…

5,373,524円

のランチ!これは凄すぎます!

ちなみに注文したメニューがコチラ!

1 シーフードスパゲティ  $39.00(約4400円)
1 シシリー風トマトパスタ $36.00
1 ミラノ風ヒレカツ $55.00
1 アーティチョーク・サラダ $18.00
2 パルメザン・チーズ $28.00
1 LG水 $12.00
5 タウニー40(赤ワイン) $275.00
2 トリュフのカルパッチョ $200.00
3 ネロのアスパラガス $60.00
3 カプチーノ  $27.00
3 カラマリ(イカリング) $40.00
2 生ハムとモッツァレラチーズ $68.00
2 エスプレッソ $15.00
1 ティラミス $15.00
1 ミネストローネ・グリーンスープ  $18.00
3 ラ・ターシュ・ロマネコンティ $15000.00(約170万円)
2 シャトー・ペトリュス $10000.00
2 ジョニー・ウォーカー青ラベル $150.00
3 トリュフ・タリオリーニ・スパゲティ $585.00
2 クリスタルローズ・シャンパン・マグナム $10000.00(約114万円)
合計 $36641.00

税金 $3251.00
小計 $39892.89
チップ $7328.20

総額 $47221.09 (5373524円)

水が12ドル(1365円)、シーフードスパゲティが39ドル(4400円)の段階で、瞬時に高級店だとわかりますが、たった1度のランチでこの金額。

チップだけで83万円とは…

さすがは資産1兆円。一般の常識から完全に逸脱していますよね。

ちなみにその中でも群を抜く高級品が…ワイン&シャンパン。簡単に引用説明致しますが…

『ラ・ターシュ・ロマネコンティ』

ロマネコンティの南に位置する「6.06ha」のピノ・ノワール種のブドウ畑で、DRCが単独で畑を所有。斜面の上下に広い畑のため、上部では重厚な、下部では繊細なブドウが採取されて、双方が交わりあうため、複雑で濃厚な味わいを生み出しています。

年間「約1,800ケース」が製造されており、1929年には「8万8125ドル」という値がついた記録も残されています。色濃く、かなり凝縮された印象の味わいは、時に“ロマネコンティの腕白な弟”と呼ばれるほどで、独特の力強さと複雑さと強烈なアロマを感じさせてくれます。

【参考販売価格】
■DRC ラ・ターシュ 1955 750ml ¥504,000(税込 ¥544,320)
■DRC ラ・ターシュ 1959 750ml ¥1,162,000 (税込 ¥1,254,960)
■DRC ラ・ターシュ 1961 750ml ¥352,000 (税込 ¥380,160)
■DRC ラ・ターシュ 1990 750ml ¥1,078,000 (税込 ¥1,164,240)
■DRC ラ・ターシュ 1996 750ml ¥555,000 (税込 ¥599,400)

出典 http://romanee.old-vintage.com

1959年製で1本(750ml)1162000円。なお、レシートには3杯で15000ドルとの記載があったので、1杯(約250cc)なんと56万円!

『シャトー・ペトリュス』

ボルドー最高峰のシャトーとして比類なき存在である、ペトリュス。パーカーポイントで100点を連発、他の追随を許さないクオリティに生産量の少なさが輪を掛けて、 5大シャトーよりも高値で取引される言わずとしれた世界屈指のグラン・ヴァン(偉大なワイン)です。

【参考販売価格】
■ペトリュス 1992年 750ml ¥450,000 (税込 ¥486,000)
■ペトリュス 1990年 750ml ¥780,000(税込 ¥842,400)
■ペトリュス 1999年 750ml ¥500,000(税込 ¥540,000)
■ペトリュス 1982年 750ml ¥700,000(税込 ¥756,000)

出典 https://www.enoteca.co.jp

こちらも1杯56万円のシャトー・ペトリュス。金額的に、かなり古いビンテージモノなのでしょうね。

『クリスタルローズ・シャンパン・マグナム』

ルイ・ロデレールとは、1776年創業の世界有数のシャンパン製造会社です。最高級シャンパンとして名高い「クリスタル」を展開しているシャンパン製造会社であり、1819年以来同族経営を貫いている希少なシャンパンメゾンとしても有名です。なお、1876年に、ロシア皇帝アレクサンドル2世の要求に応じ、今なお世界最高級シャンパンの1つに数えられる「クリスタル」が誕生しました。

出典 http://food-drink.pintoru.com

1993年製のクリスタルで64800円で販売(Amazon)していました。

さすがは超お金持ち!次元が違う!

ネット上には

■7300ドルものチップを貰ったウエイターはさぞ嬉しかっただろう。
■この人たちは注文する際、絶対に金額なんて見ないんだろうな。
■俺の2年分の年収とほぼ同額。
■自分の教育費用より高い

等、羨ましさと、悲観的な意見が錯綜していました。(笑)

庭から石油が湧いたら…行ってみては?

ちなみに、1回で537万円!と驚いてしまいますが、資産1兆円の人が、昼ご飯に500万円を使うという行為は、資産1000万円の人が昼ご飯に50円使うのと同じであり、逆に、節約しているのでは?という声もあがっていた…ロマン・アブラモヴィッチ氏のランチ代。

なお、お店は、アメリカ、ニューヨークにある高級イタリア料理店『Nello』だそうなので、庭から石油が湧いた人は、是非一度、同じランチを味わってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス