病気でも旦那のご飯を作る妻

世の中の奥様方、寝込んでも家事をして子供の世話をし、旦那の事もこなしている方が多いのではないでしょうか?
頼る人が近くにいない、家の事も子供の事も誰にも助けてもらえない、そんな状況下で生活している人はとても多いです。

幸に、筆者の家では主人が時短で仕事をしてくれたり、休んでくれるので、病気になっても少しは休む時間を確保できますが、世の中には妻が寝込んでも、主人が仕事を休むことはない!と言う家庭も珍しくありません。

知恵袋への回答が驚きの内容

寝込んだ妻に対して旦那がとった対応についての回答を見ていて筆者が一番「え...そりゃないわ・・・」と思った回答がコレです。↓

結婚当初は、39度の熱があっても寝込んではいられませんでした。
ちょうど夫の妹家族も寄ってきた日は多少の熱があっても計13人の食事の用意をしたものです。
食事ができて配膳した後、休ませてもらうと言って自分は食べる気力もなく床に就きました。
明くる朝、起きたら食器はそのまま、義母も「水に浸けておいたから」(洗ってね!と言わんばかり)

夫は酒を飲んで泥酔、子供の世話も放っておむつがえさえしてくれませんでした。
翌日も仕事が終ったらパチンコへ・・・全然、私の体調なんて眼中にないのです。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

自分の事を誰も心配もしてくれず、子供の面倒も見てくれず。
家の中に他にも大人はいるのに誰も自分を助けてくれない。
回答者さんが感じた孤独や怒りを考えると涙が出そうになりました。

この回答者さんのご主人様はその後改心されてご家族幸せに暮らしてらっしゃる様で安心なのですが。改心してご家族に尽くすって珍しいケースかもしれません。

旦那の家事レベルは低くて当たり前

世の男性陣は奥さんが寝込んでしまうとコメも炊けない、と言う悲惨な人が多いそうです。
全然何もしない旦那!
何もできない旦那!が
実際に居るわけで・・・

今後少しでも家の事が手伝える旦那に変身してもらうにはどうしたらいいのでしょう?

感謝を伝えることから始めてみる

一人暮らし経験者でも結婚すると何もしなくなってゴミ捨てすらいかなくなるというのはよくある話。

料理はするけど洗い物はしない。
趣味が洗濯だけど干すのが好きなだけ。
掃除は好きだけど掃除機が好きなだけ。
ある一定の部分だけ参加するパターンもあると思います。

でも、やるなら全部やってほしいですよね・・・
中途半端じゃなく1~10までこなしてほしいです。

そんな時は1~10までやってくれたら助かると言う事を最初に伝え、やってくれたら「助かったよ。ありがとう。」と感謝をしてください。
決してダメ出ししないでください。

馬鹿みたいに持ち上げて褒めまくる必要はないです。お世辞もいりません。
ただ、感謝してください。

子供がいる家庭なら子供も巻き込む

パパとゴミ捨てに行きたい。
パパと掃除がしたい。
子供に言われたらパパは頑張るよ!と言う旦那なら子供を巻き込んでしまいましょう。

残念ながら子供にあまり関心がない旦那には通用しませんが、子供好きな旦那なら子供の願いには答えようとします。

すごくハードルが高い事は頼まないで、ごみを捨てる、部屋を掃除するなど、すごく簡単な事でいいです。

子供は素直なので自分ができない事をパパがこなすと「パパ凄い」と反応します。
時には「すご~い。」と目をキラキラさせることもあるでしょう。
そうなればパパはもっと頑張れます!!

旦那の【パパ】の部分を最大限に利用してお手伝いしてもらいましょう。

過度な期待はしない、願いは必ず言葉にしよう

ある程度手伝いをしてくれるようになっても決して過度な期待はしない。
ついでに何かしてくれるかな?なんて考えは持たない事。
やれることをしてくれたらそれで良いという考えでいるのが一番です。

そして、一番大事なのは願いは言葉にする

例えば、部屋の掃除を頼む時
掃除の時に窓を全て開けてほしい。と思ったらそのまま言葉で伝えましょう。

窓を開けて掃除するだろうと思っていたのに、閉め切ったままで掃除してる
「ちょっと!なんで窓開けて掃除しないの!ほこりが舞うじゃない!」と目くじら立てれば「そんなの聞いてない、窓開けろなんて言われてない!」と言い返されるのがおちです。

願う事は言葉で明確に伝えて「言わなくても気が付くだろう」なんて考えは捨てましょう。

最後に・・・

元々、相当な家事好きでない限り旦那が家事をする事はないと思った方が楽です。
しかし、共働きだったり、子供や親の世話がある場合は旦那も家事をしないと家庭は回りません。
元々男性は気が付かない生物だと割り切って 困ったことはちゃんと話し、こうしてほしいと明確に頼むのが一番の近道だと思います。

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら