このひとことで、うまくいく!

出典 https://twitter.com

恋愛の悩み、仕事や家庭に悩みや不安を抱えているという方は多いのではないでしょうか。特に異性の問題は、相手の気持ちがわからずにイライラしてしまったり、モヤモヤした気持ちになってしまったり・・

「どうしてわかってくれないの!?」
「言ってくれなきゃわかんないよ!」

そんな思いをしている方に読んで欲しいおすすめの書籍があります。

察しない男 説明しない女

出典 http://www.amazon.co.jp

全く理解出来なかったという異性に対する悩みや不安を解消することが出来る1冊となっています。理解出来ない異性の心は、客観的に知る事で物事がうまく進むことでしょう。

「どうしてわかってくれないの!?」「言ってくれなきゃわかんないよ! 」
わかり合えない男女のコミュニケーションを「まろやか」にする魔法のフレーズ37!

鈍感で察しが悪くて、理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。よく気がまわり、感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。「男と女は異星人」と言ってもいいほど、違います。

異星人ですから、話す言葉も当然違います。
「同じ人間なんだからわかるはず」「日本人同士だから伝わるはず」。
この思い込みが、男女のコミュニケーションのすれ違いを生むのです。

出典 http://www.amazon.co.jp

同じ人間であっても、「異星人」だというほど違うという男女の内面を知る事が、コミュニケーションを図ることが出来るようになることが期待される一冊です。

筆者は五百田達成さん。

出典 http://www.iotatatsunari.com

「ごしゃくた??」と読んでしまったという人もいるでしょうが、「いおたたつなり」さんと読まれます。五百田さんをどこかで見たことがある・・という人も居るのではないでしょうか?

五百田達成(いおた たつなり) 【日本テレビ「スッキリ!!」レギュラーコメンテーター】作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」「SNSと人づきあい」「ことばと伝え方」をテーマに執筆・講演。30万部を超える「察しない男 説明しない女」シリーズほか、著書多数。

出典 http://www.iotatatsunari.com

「スッキリ!!」のコメンテーターとしてお茶の間の方にも知名度が高い五百田さんです。

2015年優秀書籍に輝きました!!!

2015年に売れたビジネス書籍第6位に輝いたというこちらの書籍。2014年7月に発売されてから、長きにわたり、多くの方に読まれているバイブル本となっているようです。

「納得!!」と思わずつぶやいてしまう内容はこちら。

男は理屈で動く
女は感情で動く

男はほめてほしい
女は分かってほしい

男はナンバーワンになりたい
女はオンリーワンになりたい

男は会議が好き
女はおしゃべりが好き

男は結果を重視する
女は家庭を重視する

男は子どもでいたい
女は女でいたい

男は「初めての男」になりたい
女は「最後の女」になりたい

男は使えないものを集める
女は使えそうなものを捨てられない

男は日常が好き
女は記念日が好き

出典察しない男 説明しない女

男女の違いを明確な言葉で表現してくれて、とってもわかりやすい作品となっているところが、活字離れしている現代の方たちにも喜ばれているのでしょう。

Twitterでも共感の声が溢れています。

「男は黙る」「女は泣く」

「男にとって恋愛はゲーム」「女にとって恋愛は結婚」

「男はロマンが好き」「女はロマンチックなものが好き」

理解出来なかった異性の心の内を理解することができます。

友人に勧められて、購入した。

あとがきにもあるように、「自分とは違う人に、どう接するか」を学べる本。
考え方が違う人、気に入らない人とどう接するか。どうしたらストレスなく会話ができるか。
どうやったら乗せられるか。気持ちよく協力してもらえるか。
ありがちな男女のあるある本かと思いきや、案外深い内容だと感じた。

出典 http://www.amazon.co.jp

今まで疑問に思ってた謎が解けて、スッキリしました。
自分と反対な考え方を学ぶのは絶対に役に立つ本です。
これで無駄に悩む事も少なくなりそうなので、とても感謝しています。

出典 http://www.amazon.co.jp

「耳が痛い」という声も見受けられるのですが、恋人や家族、仕事関係の異性と上手くいかないというときは、「察しない男 説明しない女」を読んでみると、何かしらの答えを見つけることが出来るのではないでしょうか。

この本を読み終わると、悩んでいた異性との関係も上手くやっていくことが出来るようになるのではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス