3月3日のひな祭り 大人になって嫁いだら、どうするの?

3が3日のひな祭りには、家族一緒に飾りつけをしたという思い出がある女性は多いと思います。ただ、大人になり、大学進学や就職後に飾る習慣が薄れ、その後、結婚してしまうと「すっかり忘れ去られている」といったことはありませんか?

実際問題、結婚後の雛人形はどうしたらいいのだろうと頭の隅によぎるものの、どうしたらいいのかわからず、実家の押し入れに仕舞ったままという方も多いのではないでしょうか。

そこで、結婚後、使っていた雛人形はどうしたらいいのかについて調べてみました。

色々な地域性・風習によって様々な言い伝えや作法がある事柄になります。
ひとつの風習ではこういった事があるということで、ご覧くださいませ。

そもそも「雛人形の役割」について

ひなまつりはもともと、平安時代のお人形(ひいな)遊びと、人形に自分の厄を移して海や川へ流した「流しびな」の行事が結びついたもの(中略)

人形が身代わりになり、子供に災いが降りかからないようにという家族の願いや、人生の幸福が得られるようにという暖かい気持ちを込めて人形を飾る

出典 http://www.kyugetsu.com

子どもへの災いがないようにといった願いを込めて人形を飾る風習ができたようです。元々のルーツは、流しびなからなのだそうです。

本来、兼用するものではなく、姉妹の数だけ必要なもの

ひな人形には、そのお子様の成長と幸福を祈るとともに、お子様の身代わりとなって厄を受けると言う意味があります。ですから、人形を兼用したり譲り受けたりすることは、本来はおかしなことなのです。

出典 http://www.kyugetsu.com

その子の厄災を受けるという意味合いがあるため、
兼用や譲り受けといったことはタブー
といわれているそうです。

※代々受け継ぐといった風習がある地域もあります。

早く仕舞わないと嫁に行き遅れる? 迷信だった

それは根拠のないことです。おひなさまを飾る時期・しまう時期は、その季節の範囲内ならいつでも結構です。

出典 http://www.kyugetsu.com

あれ?!迷信だったの?!
意外な答えに驚きましたが、常々雛人形を出しっぱなしにしていると嫁に行き遅れると聞いたことがありますよね。なぜか昔からいわれていたので、ひな祭りが終わった途端、そそくさと閉まっていた記憶がありますが…。

早く雛人形をしなわないと、
嫁に行き遅れるというのは迷信だったそうです!

結婚後、実家の雛人形はどうしたらいいの?

結婚後も嫁いだ先に持っていき、ひな祭りの日に飾ることが良いそうです。
むしろ驚いたのですが、嫁いだ後も自分用のお雛様を飾ってよかったんですね。とても意外な感じがしましたが、そもそも「自分の代わりに厄災を受けてくれる」ためのものですので、結婚後も代わりに厄災を請け負ってくれるのだそうです。

ただ、この点に関しては嫁ぎ先の風習に合わせたほうが無難だと思われます。また、飾る場所の問題もありますので、立派な7段などになると中々難しいでしょう。
飾るスペース・嫁ぎ先の風習なども合わせて、飾れるようであれば飾っても良いそうです。

娘が生まれたから使っている雛人形を受け継ぎたいは、ダメ

自分が使っていた雛人形を娘に「受け継いで使用することは、ダメ」なのだそうです。
理由は、上記にも記しましたが、姉妹ですら雛人形の共有はできません。その人ひとりの厄災を受け持ってくれるための、「専用のお雛様」ですので、お子様には新しい「その子だけの雛人形」を用意する必要があるそうです。

ただ、こちらも「代々受け継ぐのが風習だ」という言葉も聞いたことがあります。
なので一概に「受け継ぐのが禁止!」とは言い切れません。
何を大切にするのかと考えるならば、個人的には今まで生きてきた中で従っている「風習」に従うほうがいいと感じています。

とはいえ、新しい雛人形も揃えてあげたいという親心もあると思いますので、受け継ぐ風習だけにとらわれず、家族のなかで折り合いをつけていくとをおすすめします。

どうしても置き場がない!処分するにはどうする?

人形供養といった形で、処分することは可能です。

供養するにはお住まいの地域の「人形供養」
を請け負っている、お寺さんや神社に持ち込んでお願いしましょう。ある程度、供養料がかかると思いますが、人形には魂が込められているといった言い伝えもありますので、こういった点はきっちりしておいたほうが心残りがないような気がします。

昔と違って7段飾りを贈られたとしても、床の間がある家も少なくなり、マンションとなれば和室すらない場合も多く、飾るスペースがないといった問題が多く耳にします。

簡易的な、ガラスケースに入ったお内裏様とお雛様だけのお飾りといったものが多く喜ばれるようになり、出し入れも簡単といった点から楽なので共働き世帯が増え、あまり時間が取れなくなった現在人にとっての「雛人形の在り方」というのは変わってきたのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス