金魚などを飼育している人なら誰でも知っている寄生虫のイカリムシ。駆除したつもりでもすぐに再発する厄介な寄生虫。ゾンビのようなイカリムシと戦った545日間の奮闘記録です。

出典著者画

イカリムシはこのような姿で大きさは最大1センチ位。メスのみが頭部を魚の体に突き刺し寄生し体液を吸い取り魚を衰弱させます。水温20度前後で卵から生まれて早いものでは約1週間で産卵します。寿命は短いもので1か月半から2か月前後、長いものでは5か月も生きます。
厄介なことに卵と成虫には薬が効かず、幼生もすぐに耐性をもってしまう困りものです。
しかも頭部がきれいに抜けなければ何度でも生えてくるゾンビのような輩で、さらに1センチに満たないものはすぐにちぎれてしまうのです。

購入した金魚にイカリムシが!!

出典著者画

2014年6月に小さなオランダシシガシラ2匹を購入。2か月あたりを過ぎた頃、更紗(赤白)の名前はトキさんの口の中からピロピロ糸くずのようなものが!イカリムシが寄生していました。口の中だとすぐには気づきにくく被害が拡大することもあります。
すぐにピンセットで抜こうとするも金魚自体が小さくつかみにくいし虫が見えません。

虫取り作戦実行記録

イカリムシが1,2匹寄生したくらいではすぐに金魚が弱ることはないので、まず、ある程度金魚を大きくしないと掴んで虫取りができないため、1年間はイカリムシが爆発的に増えるのを防ぐのに2週間に一度、三分の二もの水換えをし、投げ込み式ろ過機は1か月に一度はきれいに洗浄。何とか虫の大量発生を阻止。
水質の急激な変化を起こさないよういつもの水に同じ水温と、気を使いました。
しかし、それでも虫は着実に増えていき1年たつ頃には・・・

出典著者画

トキさんのおくちに3匹ものイカリムシが寄生していました。

出典著者画

もう一匹の金魚フキさんにも1匹寄生!

やっとつかめるような大きさに成長してくれたので水槽中で金魚をつかんでピンセットで虫取り開始。そして水換えは1週間に一度、三分の二ほど換えました。この時までは20リットルの水槽で飼育。2か月くらい続けましたがこれではらちがあきません。

出典著者撮影

つかむ前に手を水槽の水の中で30秒くらいつけて手の体温を下げてから金魚をつかむ。
人間の体温では金魚は火傷するそう。
抜くときは水中で手早くピンセットで抜く。水から出すとイカリムシは透明に近いので見失うため。
また綿棒で軽く口の周りを撫でてやると隠れていた虫が姿を現すことも。

10リットル水槽に変え毎日水換え作戦開始

出典著者撮影

10リットル水槽に変え、ろ過機は付けずエアレーションのみに。
一日一回なるべく同じ時間帯で虫をピンセットで取り金魚を別のバケツに移し水槽をきれいに洗って全水換え。水質と水温は必ず同じに。
毎日これを繰り返し…
1か月半くらいまではイカリムシに勢いがあるため毎日必ずピロピロと生えてくる。
2か月あたりから取って2、3日おきくらいに生えてくる。
3か月あたりからは4、5日おきに生えてくる。
4か月あたりから1週間から10日おきに。
5か月あたりから17日めにしぶとく生えてくる。
この間の水温は夏場は28度前後、秋から冬は25度位に設定。


しぶとい虫に何度も挫折しそうに・・・

出典著者画

毎日毎日もうこれで終わりか、もう終わりか、と思っていても、数日後にはピロピロ生えてきて、奈落の底にどーんっっっっと突き落とされる日々。毎日の虫取りや虫確認、水換えで金ちゃんたちが衰弱しないかとドキドキ。もう心も体もヘトヘトに。何度もあきらめようと思ったけれどトキさん、フキさんの元気な姿に元気をもらい奮闘し続け・・・

親玉イカリムシ遂に脱落

長寿のイカリムシでも居なくなってもいい時期なのに、と、くじけそうな日々。
ある日それはやってきた。水槽の底に一段と立派なイカリムシが転がっている。
口の中か、エラブタの中かに潜んでいたのであろうか。それ以後口の中から生え続けてきた個体も力尽き生えることがなくなった。

やっとやっとイカリムシに勝ったのでありました。
拍手喝采!!
しかし、1か月間は念のため毎日虫チェック。
そして今年1月すぎてやっと完全撲滅したことを確認。
「やったーっっっ、遂に奴らに勝ったー!!」
心の中で狂喜乱舞したのでありました。

出典著者撮影

今は20リットル水槽に戻し、元気に成長しています。

虫取りも運が良ければ一度ピンセットで抜くことで終わります。フキさんはそうでした。しかし当初から虫のついていたトキさんは虫の根が深く刺さっていたのでしょう。駆除に半年以上もかかりました。また、近年では薬に耐性を持ち長寿のものが問題となっています。それでも早期に発見できれば比較的簡単に駆除できるかもしれません。

たかが金魚、だと思われるでしょうがそれでも小さな命です。大切にしたいものです。

この記事を書いたユーザー

平原さあ子 このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス