記事提供:いいモノ調査隊

タバコ税がどんどん上がって大変な昨今ですが、それでもおタバコを吸われる方って多いと思います。かくいう我が家も(私は吸いませんが)、同居人がかなりの愛煙家です。

先日北海道へ旅行した時なんか、空港の手荷物検査で止められて合計8本のライターを没収されていたほど。なんでも、すぐなくしてしまうため、いつも持ち歩いているんだそうです(それにしても8本は多すぎだろ)。

そんな折、「持ち込み制限にかからないライターがある」という情報を聞きつけ、新しいものに目がないワタクシ調査隊員K、同居人のためにもと、さっそくポチッと購入してみました。届いたのがコチラです。

USB充電式ライター。

その名もずばり「USB充電式ライター」。内部に入ったオイルに火打ち石で点火する、いわゆる「オイルライター」「ガスライター」とは違い、電熱線で熱してタバコに火を付けるタイプです。

身近なところでいうと、車についてるシガーソケットと同じ仕組み。本商品のキモはこの「火が出ない」という点で、機内持ち込みを可能にしてくれるほか、アウトドアなど風の強い屋外シーンでも使いやすいのがうれしいところです。

そして、手回し発電機なんかとセットで防災用品に入れておくと安心。

全長は普通のライターと同じくらい。細身な代わりにちょっと厚みがあります。

充電中の図。パソコンなどのUSBポートで充電が可能。

充電時間は1~2時間。就寝前に携帯などと一緒に充電しておけば、明日の準備は万全ですね。

肝心の電池の持ちについてですが、購入したサイトによると、一度フル充電をすると約80~100回程使用可能で、1日1箱タバコを吸う場合は週2回程の充電で大丈夫とのことでした。

中心部を指で引くと、上の丸い穴が開くと同時にコイルが発熱開始。手を離すと自動でOFFになります。

発熱中はおしりのランプが点灯します。

タバコに火をつけている図。

私が買った商品は、電熱線がしまってある穴が結構小さく(タバコとジャストサイズくらい)、最初はちょっと使いづらそうでしたね。でも慣れればどうってことないようでした。

愛煙家の皆さん、火の心配がないライターをお手元に一本いかがでしょうか?ただし、機内持ち込みOKとはいっても、海外旅行だと国によっては事情が違う場合もあるので、ご注意ください。

不安な場合は預ける荷物へ入れたほうが無難だと思います。どうせ機内は禁煙ですしね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス