記事提供:いいモノ調査隊

山梨のお土産といったら、桔梗屋の「桔梗信玄餅」が定番。と言いたいところですが…実際、筆者は山梨に行って初めてその存在を知りました。そして、食べてみて、衝撃を受けました。「この味、食べたことある…」と。

というのも、九州でも同じように「きな粉のかかったお餅に黒蜜をかける」というお菓子が販売されており、逆に九州ではそちらのほうがメジャー。桔梗信玄餅は聞いたこともありませんでした。

そのお菓子がコチラ。福岡県で有名な如水庵の「筑紫もち」。筆者は宮崎県出身ですが、百貨店や大型スーパーでは売られていました。

こちらが山梨の代表銘菓といわれる、桔梗屋の「桔梗信玄餅」。

どちらも開封し比較してみました。上が「筑紫もち」で下が「桔梗信玄餅」。

風呂敷に包まれたフォルムが似てるでしょう?でも、そっくりなのはパッケージだけではありません。今回は両方取り寄せたので、細かく検証していきたいと思います。

結び目を外すと、どちらにも黒蜜と楊枝が付属していました。

フタを開けると、きな粉がかかった求肥餅が。桔梗信玄餅には黒蜜が置いてあった場所に凹みができてました。

黒蜜を開封。明らかに色が違う…。

白い紙で確認してみました。桔梗信玄餅のほうがとても濃い。

桔梗信玄餅のほうは、きな粉部分に凹みがあり、黒蜜を入れてもこぼれない工夫がしてありました。対して、筑紫もちのほうには凹みはなく、黒蜜の量も少なめ。

黒蜜の味については、桔梗信玄餅はザ・黒蜜!というほど、味も色も濃厚で甘かったです。筑紫もちは、なんというか…上品な蜜という印象に感じました。

実際に食べてみました。信玄餅編。

桔梗信玄餅は、1つ取るのにきな粉が溢れんばかりに…!!包み紙がないと机がきな粉まみれになっていたでしょう…。

お餅同士がくっついているので、汚くなってゴメンナサイ。でも、きな粉はたくさん入っているので、蜜と混ぜてお餅に塗りつければ一緒に口の中に運べます。

なんとも贅沢な気持ちに。お餅は1つでも食べ応えがあり、満足感が得られます。

筑紫もち編。こちらは、桔梗信玄餅よりも少し柔らかい?と感じました。

一方、筑紫もちの蜜ときな粉は少なめで、お餅がきれいにカットされているでこぼれる心配もなく、さっと食べることができます。

上品な蜜の甘さと、きな粉の風味がバランスよく重なって美味。桔梗信玄餅に比べしっとり柔らかいのですが、お餅の大きさは若干小さめかもしれません。

価格は1個あたり(6個入りの税込で計算)
桔梗信玄餅=約165円
筑紫もち=120円

うーん、見た目の大きさも違うから少し値段が高いのか…?でも、値段に比例している量ともいえませんね。でも、見た目のお得感は桔梗信玄餅かな…。

原材料を比較してみると…。

原材料を確認すると、桔梗信玄餅は産地や原料に対する自信の表れでしょうか?やたらと100%表記が目立ちます。材料も5つしかなくシンプルです。

両方のパッケージはコチラです。

今回いろいろ比較してみましたが、まとめてみると。

・黒蜜は桔梗信玄餅のほうが濃くて甘い

・桔梗信玄餅のほうがきな粉が多い(こぼれやすい)

・筑紫もちのほうがしっとりとした求肥餅

・桔梗信玄餅は筑紫もちより単価が高い

双方の歴史をみると、桔梗屋の「桔梗信玄餅」は1968年に発売され、如水庵の「筑紫もち」は1977年に発売が開始されたようです。

こうして見てみると似て非なるものに思いました。求肥好きで、黒蜜好きな方ならどちらも好きになる逸品だと思います。

私はやはり食べ慣れている筑紫もち派ですが、同僚は「筑紫もちもおいしいけど、信玄餅もたまに食べたくなる味」とのことでした。やはりこれは、好みの問題ですね!

ちなみに、如水庵の「筑紫もち」のほか、新潟のかなざわ総本舗で販売されている「出陣餅」も桔梗信玄餅に似ているものとして有名だそうです。

いかがでしたか?桔梗信玄餅を知ってる人も、筑紫もちを知ってる人も、両方知ってる人も、食べ比べてみたくなりませんか?どちらも、自宅用には3個から、贈答用にも適した箱入りも人気のようです。ぜひご賞味あれ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス