一体どうすればもっと売れるのか?

Licensed by gettyimages ®

「なぜ売れないのか?」「どうすれば売れるのか?」

例え同じものであっても売り方ひとつで売れ行きは大きく変わってくるものです。

例えば興味のなかった本を書店でふと目にしたときに本の”帯”に書かれたキャッチコピーに惹かれ、ついつい購入してしまう…。

しかし、現在ツイッターでは”とある本に付けられた帯”に注目が集まっているようです。

「騙したなスニーカー文庫!!!」の叫びと共に、ツイッターに投稿された2枚の画像。

どうやら本に付いていたという「帯」の内容に怒りを爆発させているこの投稿者。

一体何があったというのでしょうか?

出典 https://twitter.com

第20回[秋]スニーカー大賞、特別賞を受賞したというこちらのラノベ「じっと見つめる君は堕天使」。

しかし、どうしても気になってしまうのがこの見えそうで見えないかなりセクシーな帯。購入した者にだけ外すことが出来るということなのでしょうか?

いざ購入して帯を外してみると…。

出典 https://twitter.com

ハラリ…。Σ(゚ロ゚;)

素肌の下に服を身に着けているだと…。

この投稿者の悲痛な叫びは多くの人にリツイートされると共にこれは泣く「純粋な男のスケベ心を弄びやがって!」など、この予想外のトラップは、多くの男性ファンを悲しませることになっているようです。

多くの男性が怒りと悲しみに身を震わせたという今回の”帯”。

予想以上の反響に原作者たちも謝罪のツイートを投稿してるみたい。

何でもこの男性のスケベ心を利用したトラップは担当者のアイデアだったんだとか。

しかし、この素晴らしいアイデアに称賛を送る人たちも少なくないみたい

Licensed by gettyimages ®

男性のスケベ心を利用した帯を使ったユニークなトラップ。

今回のスニーカー文庫の試みには「あまりにも優れたマーケティング手法ww」「天才だ(笑)」などを称賛の声を送る人たちも少なくないようです。

まさかの2次元のハニートラップに、改めてその重要性を認識することになった本の帯。

キャッチコピーのみならず、ついつい手にとってしまう今回の仕掛け帯のアイデアにはただただ脱帽ですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス