ここで私が書く児童虐待というテーマは、”子供の身体に暴力を振るう”ということではありません。

アメリカでは12歳以下の子供(たち)だけを1人(または複数)にしておくと、保護者が「児童虐待」として 罪に問われます。

日本じゃ、ちょっと考えられないアメリカの常識ですね。アメリカは子供を守るために、大変厳しい法律があるのです。

数年前に実際に起きた2つの事件をご紹介します。当時、この出来事に対してマスメディアでは、大々的に報道されました。

事件1:「母親が姉妹を車から追い出し置き去りにする 」

母親の車に乗っていた10歳と12歳の姉妹が、 喧嘩を始め、母親が何度も注意しても喧嘩をやめなかったため、怒った母親が姉妹に車から降りるよう命令、自宅から3マイル離れた道路(商店街)に置き去りにして走り去った。

警察が2人を見つけ、母親を児童虐待の罪で逮捕、母親は起訴された。まだ裁判の途中であるが、 母親は、児童虐待の要注意人物として保護観察の身に なることは免れない。

この事件は、母親の氏名、年齢、住所、 更には母親の顔写真付きでニュースで報道されました。ニューヨーク州スカースデールで発生した事件です。

事件2:「母親が子供をカジノホテルの部屋に置き去りにする 」

マサチューセッツ州から来た母親がコネチカット州のフォックスウッド・カジノホテルの部屋に9歳の娘を置き去りにして、カジノエリアに行った。

9歳の娘は警察に「ホテルの部屋で1人でいる」と通報。母親が部屋に戻ってきたところを逮捕された。

娘に怪我はない。母親は児童虐待の罪で裁かれる。この事件では、母親の氏名などは報道されませんでした。こちらはコネチカット州フォックスウッド・カジノで起きた事件です。

この2つの事件とこの報道。あなたは、どう思われますか?

12歳以下のお子さんを持つ親には、ちょっと冷や汗ものの2つの報道ではないでしょうか。それで、事件になるんだ!!とギクッとされた親御さんたちは、多いのでは?

事件1は、兄弟姉妹を持つ親なら、兄弟(姉妹)喧嘩に うんざりして、カッとなってついやってしまいそうな事ではないでしょうか?

何度も注意しても、喧嘩をやめない子供たちに「だったら、車から降りて、歩いて帰りなさい!」とつい言ってしまいそうですよね。

でも、それを12歳以下の子供(たち)にアメリカで やってしまっては、こうして事件となり、犯罪となってしまいます。

アメリカでは(世界中そうですが)道から子供たち(あるいは大人)が姿を消した、
誘拐されたという事件が頻繁に起きています。だから、子供を道に置き去りにするというのは、 絶対にやってはいけないことなんです。

日本でも児童連れ去り事件がかなり発生してますよね?

事件2は、娘が警察に通報するというちょっと意外な展開でした。

実際に身体的虐待があったわけではなく、ホテルの部屋に一人ぼっちにされたということで、多分、不安になった娘が警察に電話してしまったのでしょう。

それで、母親が逮捕されるとまでは、娘は考えていなかったかもしれません。

日本の感覚で子供だけにすると犯罪になる

アメリカ赴任で日本から来た親たちは、つい日本の感覚で12歳以下の子供たちだけを家に置いたまま、買い物に行ったりするケースが多いのではないでしょうか。

店の前に車を止めて、子供を車に残して、買い物したり。。これはとても危険な行為となります。

子供が車を誤って動かしてしまったり、 子供が乗ったまま、車が盗難にあったりするケースはアメリカでは大変多いです。

実際にカリフォルニア州では、店の前に駐車した車に幼児を乗せたまま車から離れた日本人夫婦が逮捕されたケースもありました。

日本でも子供を置き去りにして死亡させたケースがある

それは、アメリカだけとは限らないでしょう。

日本でも、過去、車中に子供を置き去りにして、親がパチンコなどに行き、子供が熱中症にかかって死亡するというケースが多発してましたよね。

今は法律が厳しくなり、虐待に対しての意識も高まり、そのようなことはなくなったと思いますが。。

一つ間違えれば、子供の命まで奪ってしまうことに なりかねない。

何かが起きてからでは遅すぎるのです

過剰なアメリカの法律だと感じる方もいらっしゃると思われますが、そこまで法律で取り締まらないと、安易に子供を置き去りにしてしまう親が多いということです。 また、子供を狙った犯罪も多発しているということなのです。

何かが起きてからでは遅すぎます。たとえ法律がしかれてなくても、子供たちから安易に目を離すことは、避けたいですね。

親は子を守る義務と責任がある

これ親としては、本当に大変なことです。

四六時中、一緒にいなければならない。もしくは、ベビーシッターや託児所に預けなければならない。 金銭的にも負担がかかってきます。

私も息子が小さい時(12歳以下)に、アメリカでシングルマザー生活をしていたので、その大変さはよくわかります。

でも、大変さは親の義務と責任。守らなければならない、 大切な子供の命には、かえられないものですね。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス