記事提供:しらべぇ

「兄ちゃん、借金返すためにマグロ漁船に乗るか?」

出典しらべぇ

ドラマやマンガではよく聞くフレーズだ。しかし、一方では「マグロ漁船はすさまじい人気で本当は気軽に乗船することができない」や「マグロ漁船とは暗喩であり、実際は保険をかけて殺される」などの噂もある。

本当のところはどうなのだろうか。偶然、記者の友人に借金返済のためにマグロ漁船に乗った男(20代・実業家)がいたので、当時の話を聞いてみた。

■マグロ漁船に乗った経緯は?

「借金まみれの友人がマグロ漁船に乗ることになったけど『俺は乗りたくない!』って泣きついてきたんだよね。あまりにも必死だったから、借金を肩代わりしてやって、マグロ漁船に半年乗ったんだ。

九州の新門司港から、韓国を通ってインドに行く。実際は新門司港で半年働いていることになってるんだ。もし警察に摘発されたら逮捕だったね。

マグロ漁船への参加は強制じゃない。自己責任。それでも一発で借金を返済できるならって、自分以外にも何人か乗船してたね

出典しらべぇ

■マグロ漁船で驚いたことは?

「一番驚いたのは本職のマグロ漁船漁師たちの体つきだね。立派すぎて、人種が違うって本気で驚かされた。

俺の身長は172センチだけど、高校時代はラグビーでそれなりの成績を出したから体格には自信があった。でも井の中の蛙だと思い知らされたね。漁師たちは俺のことをチビって呼んでたよ。

そんな俺よりもヒョロい奴が一緒に乗船してた。当然、使い物にならなくてインドに行く前に、韓国で下船させられてたね。韓国からは日本に戻る便があるんだってさ」

出典しらべぇ

■マグロ漁の実態は?

「めちゃくちゃ過酷。船に揺られて振り落とされそうになる。落ちちゃった奴もいたな。船に体を叩きつけられて、体中が痣だらけにも。

一番怖いのはザイル。マグロを一本釣りするわけだから釣り糸はザイルなんだ。これを機械で巻き取るんだけど、この時にザイルに触れると指が飛ぶ。でも病院になんていけるわけない。怪我をしても、その場で治療するんだ。

俺は指は飛ばなかったけど、肘がパックリと裂けてしまい、麻酔なしでガシガシ縫われた。糸は船を降りてから地上で抜いたよ

出典しらべぇ

■またマグロ漁船に乗りたい?

「ごめんだね。命がいくつあっても足りない。インドの港についた時、きれいなお姉ちゃんがやって来たのは最高だったけどね。え、何をしにきたかって?わかるだろ、そんなこと。

船から降りると借金返済とは別に200万円を貰える。それで当面は生活できたけどさ」

出典しらべぇ

マグロ漁船に乗れば、莫大な借金を抱えても、本当に半年で返済できて当面の生活費も稼げるようだ。しかし、命の保証のない危険な稼ぎ場であることは知っておきたい。

借金に苦しんでいたとしても、命を捨てる覚悟をした、体力に自信が有り余っている人だけにすべきだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス