現在ベッド数が200床以上の病院は、他の医療機関からの紹介状を持たずに初診で受診した場合、診察代や検査代、処置代とは別に特別料金を徴収することができます(義務ではありません)

これは、大きな病院に患者さんが集中してしまっている現状を改善するための対策です。

そして、2016年4月からはこれが義務化され、さらに再診料も紹介状がない場合は追加料金を徴収することになりました。

金額はどれくらいなのか?例外はないのか?
詳しく見て行きましょう。

現在の平均額は2394円

2015年4月1日時点では、1210の医療機関で、紹介状を持参しなかった初診患者さんから特別料金を徴収しています。

これは、200床以上のベットを持つ病院の約46%に相当します。

徴収平均額は2394円で、1080円未満の病院が100ほどある一方で、
6480円以上の病院が10ほどあります。

大学病院などの高度な医療を提供する特定機能病院(*)での平均徴収額は4216円です。

筆者の住む市内には8640円という民間病院がありますが、全国で一番高額だと言われています。
それでも紹介状持参率は70%に届きません


特定機能病院

上記の(*)をつけた特定機能病院と言うのは、

①高度の医療を提供する能力を有し、
②高度な技術の開発や評価を行う能力を有し、
③高度な医療に関する研修を行うことができる能力を有し、
➃厚生労働省令が定める診療科名を有し、
⑤厚生労働省令が定める数以上の患者を入院させることができる施設を有し、
⑥厚生労働省が規定する人員を有し、
⑦厚労省が規定する施設を有し、
⑧施設の構造や設備が規定に基づく要件に適合する

病院です。

このような病院に、軽い風邪や食べすぎ程度の患者さんがたくさん受診しているため、本来の業務である高度な医療を提供することに支障をきたしています。

外来の患者さんの対応に追われて、入院患者さんの管理がおろそかになっては困ります。

そこで、風邪や食べすぎ程度の患者さんは特定機能病院を受診するのではなく、かかりつけ医を持って町医者で対応して欲しいという目的で、紹介状がないと追加料金、となったのです。

まあ、おそらく、単なる風邪や食べすぎではないと思ったから大きな病院へ行ったという人が大半なのだろうな、とは思いますが・・・

テレビ番組ではよく、開業医で風邪だと言われたけど大きな病院へ行ったら、風邪ではなかった、というケースを紹介していますからね。不安になって大病院へ、となるのでしょう。


2016年4月からは・・・

来月の4月からは、特定機能病院や500床以上の病院に紹介状なしで行くと、

最低設定料金として
初診で5000円(歯科は3000円)
再診で2500円(歯科は1500円)
追加料金を徴収することが義務付けられました

除外項目

ただし、次のような患者さんは除外されます。

●救急患者

●公費負担医療の対象患者

●HIV感染患者

●無料定額診療事業の対象患者

●特定健診やガン検診で異常が見つかり精密検査の指示があった患者

●すでにその病院の他の診療科に通院中の患者

●患者が受診した診療科が、患者が住む地域の診療所やクリニックや小病院にない場合
(都会でも神経内科や膠原病科の開業医は少ないでしょう)

行くたびに初診料を取られているんだけど・・・

「”前回から少し期間が空いていますね”と、病院に行くたびに初診料を取られるんだけど、どうなってるんだろう?」という声を時々聞きます。

筆者が通院中の大学病院や多くの病院では次のようになっています。

❝ 前回の来院日から3か月以上来院のない場合は、初診扱いとなります。ただし担当医が指示した場合や担当医が再診と判断した場合は、この限りではありません ❞

この辺りのことも、知っておくとよいでしょう。

考えられる対策

さあ、かかりつけ医がいない人はどうしますか?

★<開業医でかかりつけ医を探す>

「開業医は高齢者が多いよね。次々に廃院になっているし」
「あそこの開業医、待合室に患者さん誰もいないよ」

こういった声も多いです。

もちろんご高齢でも優秀な開業医はたくさんおられますが・・・

開業医の高齢化問題、これも考えなければならない課題でしょう。
かかりつけ医は自分よりも年下の医師でないと、看取って貰えない可能性大ですよね。
かかりつけ医と言うからには最後までと思うし、何度もかかりつけ医を変えるのは大変だし・・・

40~45歳以上の脂の乗った時期の医師が楽に開業できるように、国がもっともっと支援に力を入れることも、考えて欲しいですね。

家の近くで良い開業医(かかりつけ医)が見つかるのが、ベストだと思います。

★<100~150床程度の小規模病院へ行く>
紹介状がなくても、この程度の規模の病院なら追加料金は徴収されません。

民間の小規模病院の中には、大学病院の医師の外勤先(非常勤勤務)になっているというケースも多いです。
これも選択肢の1つでしょう。



4月からの、再診も追加料金徴収がトラブル発生の原因にならなければいいのですが・・・
スタッフを悩ますモンスター患者が増えないかと、筆者は懸念しています。

「追加料金とか、そんあもの払えるかよ!!」とか言ってゴネル患者さん、いないかなあ・・・

とりあえずは、4月からは紹介状なしで大病院を受診すると、追加料金が発生するということを覚えておきましょう!

初診5000円以上(歯科は300円)、再診2500円以上(歯科は1500円)です。

追記

筆者が通院中の特定機能病院と、住居地の近くの公立病院の合計2つの医療機関にこの件について尋ねたところ、

義務ではあるけれど罰則はないので、現在対応を検討中とのことでした。

現在定期的に通院中の方は、追加料金の徴収はない可能性が高いです。

通院中の疾患とは別件であらたに受診する場合は、紹介状を持参しないと再診追加料が発生する可能性大です。

特定機能病院や500床以上の病院を紹介状なしで受診される場合は、受診前に医療機関に問い合わせされることをお勧めします。

また、紹介状は日常業務が終了後に作成することが多いので、日数に余裕をもってお願いして下さい。


この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら