みんな大好き♡甘酸っぱいイチゴは今が旬。

寒さも峠を越えて、苺がおいしい季節になりました。
店頭にも甘~い香りが漂って、つい大きく息を吸い込んでしまうことも…。

この時期に欠かせないイベントといえば「イチゴ狩り」ですね。筆者も毎年楽しみにしています。
スーパーなどに並ぶいちごといえば、とちおとめやさがほのか、紅ほっぺなどが主流ですが、買ってみて「酸っぱい!!」「水っぽくて味がない!」なんて経験はありませんか?
イチゴ狩りなら、輸送の関係で市場に出回りにくい品種が食べられたり、食べ頃のイチゴだけを選んで食べることができますよ。

子供から大人まで楽しめるイチゴ狩り。
今回はなにかと話題の埼玉県でイチゴ狩りが楽しめるスポットをご紹介したいと思います。

酸っぱいのはイヤ!とにかく甘いイチゴが食べたい♡

とちおとめや紅ほっぺは甘味とともに適度に酸味もあります。
どちらも人気の品種ですが、せっかくのイチゴ狩り、テレビの食レポで見るような「あっま~い♡」と叫びたくなるイチゴも食べてみたいですよね。

そんな方におすすめしたいのが「章姫(あきひめ)」です。

栃木県の女峰を改良して1990年頃誕生した「章姫」。
大粒で縦長の特徴的な見た目ですが、酸味は全くと言っていいほど感じられません。
甘ったるくもなく、スッキリとした後味なので何個でも食べられそうです。

酸味は苦手だなと感じる人にとっては間違いなくヒットする味だと思います。

大きさにびっくり!甘さにびっくり!
もうスーパーのイチゴじゃ物足りなくなってしまうかも…?

おいしいイチゴの見分け方。

イチゴ狩りでは自分でおいしいイチゴを探さなくてはなりません。
テレビ番組「ソレダメ!」でも紹介されていた、おいしいイチゴの選び方をご紹介します。
店頭で買うときにも役に立つので覚えておいて損はないですよ♪

▼種まで真っ赤なイチゴは甘い。

出典 http://ichigo.university

よく陽に当たったイチゴは赤く甘くなります。
実が赤いものを選ぶのはもちろんですが、種の部分にも注目してみてください。
種まで赤ければもっともっと甘いイチゴが味わえますよ。

▼形のいびつなイチゴは甘い。

出典 http://s115.hamazo.tv

イチゴは1つの株から25個ほどの実をつけます。
その中でも一番始めに成る実には栄養が集中するため形がいびつになりますが、そのぶん甘みも詰まっておいしいのです。
章姫の場合はしぼんだように形が崩れているものが美味しいですよ。

「章姫」が食べられる埼玉県内のイチゴ狩りスポット

■越谷いちごタウン

平成27年1月にオープンしたばかりのイチゴ狩りスポットは県内最大級。
高設ベンチで清潔・低農薬栽培を実践しており、紅ほっぺ・章姫など約6万4000株のイチゴが8棟のハウスで育てられています。

60分食べ放題。
1月3日~4月7日:大人(小学生以上)2100円、小人(3歳以上)1200円。
4月8日~終了:大人(小学生以上)1600円、小人(3歳以上)1000円

●取扱い品種
紅ほっぺ、あきひめ、かおりの、他

■はっぴーいちご園

濃厚な甘さで女性に人気の「章姫」と「紅ほっぺ」と「かおり野」を栽培しています。
高設栽培の特徴を生かし、車イスでも十分楽しめるよう、通路の幅を広く取っているスペースがあります。
子どもも目の高さで簡単にイチゴが摘めるので、幅広い世代が楽しめるイチゴ園。

30分食べ放題。
オープン~2月末:大人(小学生以上)2000円、3歳~未就学児1500円、1~2歳(1人歩き可対象)200円。
3月1日~4月10日:大人(小学生以上)1800円、3歳~未就学児1200円、1~2歳(1人歩き可対象)200円。
4月11日~5月10日:大人(小学生以上)1600円、3歳~未就学児1000円、1~2歳(1人歩き可対象)200円。
5月11日~終了:大人(小学生以上)1200円、3歳~未就学児600円、1~2歳(1人歩き可対象)200円

●取扱い品種
章姫、紅ほっぺ、かおり野

■富田農園

ビニールハウスを最大4つ移動でき、いろいろな味のイチゴを食べ比べできます。
バリアフリー対応のハウスもあるので、車椅子やベビーカーでもイチゴ狩りが楽しめるとあってリピーターが多いのが特徴です。
地元の和食店がイチゴに合うように創った濃厚いちごクリームもおすすめ。

30分食べ放題。
11月下旬~12月:小学生以上1700円、小人(2歳以上)1000円
1月~2月末:小学生以上1500円、小人(2歳以上)800円
3月1日~4月10日小学生以上1300円、小人(2歳以上)700円
4月11日~:小学生以上1000円、2歳以上500円

●取扱い品種
章姫、とちおとめ、女峰、紅ほっぺ、やよいひめ、かおり野、もういっこ、さがほのか

■嶋村屋熊谷いちご園

国道17号沿いのイチゴ農園。
ハウス内での栽培は高設栽培方式で、大人も子どももラクに摘める高さに調節されています。
イチゴ狩りは食べ放題の2コース制で、30分コースと1時間コースから選ぶことができます。
1時間コースを選ぶとバウムクーヘンやホイップクリームのサービスもあるので、イチゴをトッピングしてケーキを作ってみたり、ゆったりとイチゴ狩りを楽しむことができます。

30分食べ放題:小学生~1700円・3歳~1000円・2歳200円
60分食べ放題:小学生~2200円・3歳~1500円・2歳300円
(1月上旬~4月10日の料金。4月11日以降は未定。要問合せ)

●取扱い品種
章姫、紅ほっぺ

準備を整えたら、出発♡

・ヒールのない靴
栽培方法にも寄りますが、基本的にハウス内の足元は土だと思ってください。
汚れますし、何より農家の方の大切なハウスですからヒールで穴をあけることのないようにしましょう。

・氷水をいれたマグ
ハウス内は温室なので、イチゴも温め。その方が甘味も強く感じることができますが、少し冷して食べたい人はマグを持参すると便利です。
イチゴを洗う意味でも重宝しますよ。

・タオル
マグを持たない場合はイチゴを洗うことができないので、シミや土汚れがついても問題ないタオルでイチゴを軽く拭ってから食べましょう。

・脱ぎ着できる服装で
ハウスは蒸し暑いので、すぐに脱げるような上着を着ていくなど工夫をしましょう。
脱いだ上着を入れる手提げなどもあると便利です。

いかがでしたか。
埼玉出身の筆者がオススメのスポットをご紹介しました。
今回は誰もがおいしく食べることのできる「章姫」が味わえるいちご園に絞りましたが、ほかにも食べ比べができる場所や、子どもが喜ぶ遊具つきの場所など、魅力的なイチゴ狩りスポットがたくさんありますよ。

久喜市の「むさしの園並木」は地域密着型の穴場的存在ですが、小ぶりな土地に遊具やバーベキュースペース、動物もいたりと人気の場所です。
ここのイチゴも大きくてとても甘いので、筆者も毎年一度は訪れています。お近くの方はぜひ行ってみてくださいね。 

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス