記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
寒い日に赤ちゃんの手足を触ったら、冷たくて驚いたことはありませんか?赤ちゃんが冷えてしまう原因は何なのでしょうか?今回は、赤ちゃんに起こる冷えの原因や対処法について、医師に聞いてきた話をお伝えしたいと思います。

赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんは、まだ体温調節中枢がしっかり発達していないので、大人のように外気温に合わせて体温を調節することができません。そのため、寒いと体温を保とうとして、末梢の手足にある血管を収縮させ、熱が逃げるのを防ぎます。そのため、手足が冷たくなるのです。このように熱を保つために、赤ちゃんの手足が冷たくなっていても、体の中心部があたたかく保たれていればあまり心配はありません。

さらに手足が冷たくなると、色が青白くなったり青紫色になる「チアノーゼ」という状態がみられることもあります。驚いてしまうかもしれませんが、このときも赤ちゃんがいつもと変わりなく、元気で機嫌よく、ミルクもしっかり飲めているようであれば、心配には及びません。

赤ちゃんに適した室温と湿度

エアコンは冬は18〜20℃位、夏は26〜28℃くらいに設定し、室温を整えてあげましょう。また、暖房などによって空気が乾燥しないように、加湿器を使ったり、濡れタオルを置いたりして加湿をすることも大切です。だいたい湿度は50%を目安にしましょう。

できれば、赤ちゃんの周囲に温度計や湿度計を、高さも合わせて置いて確認しながら、室温・湿度を調節し、赤ちゃんに快適な環境を整えましょう。また、逆に熱がこもって暑すぎてしまうこともあるので、冬は大人より1枚多めを目安に、着せすぎず、汗をかいたら小まめに着替えさせましょう。

病院に行く必要があるのはどんなとき?

赤ちゃんの手足が冷たくても中心部があたたかく、元気もあれば心配はありませんが、お腹や胸など、体の中心まで冷たい場合や、逆に高熱で37.5℃を超えていることがあれば、感染症など病気の場合もあります。また、いつもと比べて元気がなかったり、ぐったりしていたり、ミルクの飲み方がいつもより悪い場合も、心配です。早めに小児科を受診するようにしましょう。

寒くないのに手足が冷たく冷や汗をかいていたり、体の一部が青白かったり青紫色になるなどのチアノーゼを頻繁に起こしている場合、特にミルクを飲むときなどにチアノーゼが出るような場合も、循環機能に問題がある可能性があるので、早めに小児科を受診するようにしましょう。

≪自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも...≫
ママは大丈夫?自覚がないだけで実は内臓が冷えているかも…

【医師からのアドバイス】

このように赤ちゃんの手足だけの冷えには、心配ない場合が多いです。ですが、室温・湿度の調整をし、体の中心部まで冷えていないかなどのチェックは、続けて行ってください。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス