記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
今年もつらい花粉症の季節が目前までやってきました。中にはもう花粉が飛んでいる!と感じる方もいるようです。花粉症と言えば成人になると発症者が増えるイメージですが、現在では幼い子供達も花粉症を抱える時代になりました。 実は子どもの花粉症は年々増えており、5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と大人の発症率と変わらないのです。

今回は幼児の花粉症について、医師に解説していただきました。

幼児の花粉症が増加している理由は?

幼児の花粉症が増えている原因としては、
・花粉自体の増加
・子供達の免疫系の変化でアレルギー反応に敏感
・鼻腔粘膜の再生力の低下
・ドライノーズなど体自体の異常
が原因とも言われています。


幼児の花粉症も、大人同様に、鼻水、目の痒み、くしゃみ等の症状を発症しますが、花粉症の症状を発症していても、風邪や他のアレルギーではないかと勘違いされてしまい、花粉症と気付くのも遅くなってしまうのです。花粉症になると、鼻や目などの症状が要因となり、勉強や運動などの活動が鈍り、日常生活に支障が出でしまうリスクも考えられるため、早期の発見と治療が求められます。

自己判断せず、病院を受診して検査を!

花粉症は症状をしっかり抑える正しい治療を行えば、普段と同じ生活を送れるようになります。気をつけなければならないのは、インフルエンザといった他の病気が原因であることも多いので、子どもに異変を感じたら、まず病院を受診するようにしましょう。市販の薬で済ませては正しい治療ができなくなります。

病院での検査には
・血液検査
・鼻汁中好酸球検査
・皮内テスト
などがあり、これらにより、アレルギーの原因が花粉症以外であることが判明するケースもあります。

花粉症の治療は、基本的に大人も子どもも同じです。症状に応じて、
・抗ヒスタミン薬(飲み薬)
・ステロイド点鼻薬
・点眼薬
などで治療します。抗ヒスタミン剤も子どもに使用できるものが増え、薬の選択の幅が広がっています。
薬の治療が始まった際には、副作用として、倦怠感、眠気、点眼薬による眼圧の上昇などがありますので、内服した場合には、注意して見てあげてくださいね。

症状を軽減させるために気をつけるべき点は?

花粉症の症状が悪化していかないためにも、そもそも花粉を体内に取り込まない対策も必要になってきます。シーズン中は

・マスク、メガネ、帽子をなるべく使用する
・花粉が肌に触れるとかゆみが出る場合があるので露出しない
・帰宅の際には玄関で上着を脱ぎ、早めに入浴し洗い流す

など、身についた花粉をできる限り肌に付かないようにしましょう。また晴れた日や風の強い日は特に注意しましょう。

≪日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!≫
ママも一緒に花粉症診断してみませんか?【花粉症度】チェック

【医師からのアドバイス】

早期の予防と、早期の治療が、子供の花粉症には大変重要になってきます。まだ幼い子供達にとっては、ひどくなればなるほど、症状が悪化し、それに対する薬の量や作用が強くなるため、かなりの負担になります。暖かくなる春には、子供には外で元気に遊んで欲しいものですよね。そのため、これからの時期は子供のためにも花粉症にも注意した生活も心がけてみてください。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス