出典Spotlight編集部

「AAA宇野実彩子とアンジャッシュ児嶋がデュエットソングを発売!」

皆さんはこう聞いた時、まず頭に「?」マークが浮かぶのでは無いでしょうか。アーティストとお笑い芸人、一見まるで接点が無さそうですが、実は以前から共通の友人を介しプライベートでご飯に行くなど親交が深い二人なんです。

この企画は、AAA宇野さんの「最近カラオケで歌えるデュエットソングってないよね~じゃ、私たちで作ろう!」という会話から企画がスタート。9月に放送されたテレビ朝日『ちょいアゲ↑スイッチ』の番組で共演した際に、カラオケボックスでお互いが歌う中「これはおもしろくなりそう!いける!」と確信したとのこと。

宇野さん自身も、初の作詞に挑戦したという今回のデュエットソング『なろうよ』。3月9日の配信に先駆けて、お二人に話を伺いました。

出典Spotlight編集部

――まずこの曲を作ることになった経緯を教えてください。

宇野:私のソロ活動の一環として、まずデュエットをやってみたいねと話していて。「相手はどうしよう?」と考えたところ、(アンジャッシュ)児嶋さんが浮かんだんです。

楽しく、かつ新しく、そして突拍子もない事を世の中にしてみないと、デュエットブームを起こすのは難しいだろうと思っていて、それだけのパワーを持った方を探していました。児嶋さんはとても仲良くさせていただいているし、お仕事も何回かさせていただいて、私がやりたいことも素直に伝えられる相手だなと思って決めました。

――元々仲が良かったということで、自然な流れだったのですか。

宇野:以前から何かお仕事が出来たらなとは思ってましたが、「まさかデュエットの仕事を引き受けてくれるなんて!」と驚きましたね。

「今でもドッキリかと思ってます」

出典Spotlight編集部

――児嶋さんは最初にこの企画をもらった時、率直にどのように思いましたか。

児嶋:話を聞いて「んん、何々?」となりました。よく理解できなかったです、もしくはドッキリと考えるよね。ドッキリっぽいじゃないですか。

――確かにテレビ番組でもそんな企画がありましたね。

児嶋:ライブまでやってドッキリだった狩野英孝のパターンもあるし。歌だって初めてで、僕の歌唱レベルがどれぐらいなのかみんな知らないのに、こんなにトントン話が進むのかと思いました。だからなおさらドッキリなのかなと。

宇野:ここまでやって(笑)。

――じゃあこのインタビューもドッキリの一環みたいな感じですか(笑)。

児嶋:そう。周りが徹底してこうやっているのかなと、今でもちょっとだけ思っています。

宇野:そんな壮大なスケールならすごい楽しい。

児嶋:どれだけお金をかけてドッキリをやるんだ、ってなるね(笑)。

――児嶋さんは本格的な歌入れは初めてとのことですが、宇野さんは聴いてみていかがでしたか。

宇野:以前から児嶋さんの声は落ち着いてて、いい声だなと思っていたんです。私は人の歌い方を細かく知るのがすごく好きなんですが、いざ歌声を聴くととても情熱的。その味を生かしたいなと思って「もっと口説くように!」とか「優しく!」とかはアドバイスしました。

――それを聞いて児嶋さんはいかがですか、情熱的と評価されましたけれど。

児嶋:基本褒めてくれたんで歌いやすかったです。やっぱり褒められたら嬉しいですね。(宇野は)乗せるのがうまいんですよ、あまりマイナスのことは言わないので楽しくできました。

出典Spotlight編集部

――宇野さんは今回初めて作詞なさっていますね。この曲では、男女の恋の駆け引きをテーマにしていますが、実体験など、何か元にしたりしているんですか?

宇野:もともとこの企画を進める中で、デュエットを歌うシチュエーションはどんなときだろうと考えていて。「なんて最初に声をかけるだろう」「なんて言われたらドキッとするんだろう」とか、シチュエーションを色々と想像しながら書きました。普通の歌とは違ってデュエットは掛け合いなので、具体的なセリフのやりとりにも注意しましたね。

――実際、歌詞には「君のことが気になるんだ、このあと二人抜け出さないか」という一節があるんですが、宇野さんから見てそんなグイグイ来る男性はどうですか。

宇野:アリだと思います。あまりにも押しが強いと遠ざけると思うんですけど、最初の扉を開くのはやっぱり男性であって欲しいから、こういうシチュエーションで来てくれたら助かる女の子は多いと思います。

――児嶋さんは、こんなアプローチをしたことありますか?

児嶋:どうだろう…。でも男もみんな照れくさいんですよ。だからこういう歌を使ってポップにすれば、断られても「じゃあ」と軽く別れられるし、成功したら「やった!」となる。今よりもきっかけを作りやすくなると思います。

互いの第一印象は…

――今回はデュエットソングということで、お二人の相性の良さを試したいと思い企画を用意しました。今から5問質問をしますので、お互いフリップに率直な答えを書いていただき、共通点が見つかればと思っています。では早速1問目、“お互いの第一印象”は?

宇野:最初に会ったときはいつなんでしょうね、『ちょこやまくん』(※2013年にNHK系で放送されたドラマ)ですかね。

児嶋:となるのかな。

――書けましたでしょうか。では、二人同時にお願いします!

出典Spotlight編集部

――宇野さんは、初めて児嶋さんを見たとき「俳優みたい」と思ったんですね。

宇野:そうですね、それまでは芸人さんというイメージが強かったけど、初めて会ったのがドラマで、その時はイケてるサラリーマンを器用に演じられていたんです。だから俳優さんみたいだなだと。

――そして一方の児嶋さんは宇野さんを「モテそう」だと。

児嶋:今パッと思い返したとき、モテるだろうなという印象を持った記憶が蘇ってきました。オーラもそうだし、みんなから憧れられる存在だろうな、学生時代もすごかったんだろうなあと。

宇野:そんな事ないですよ(笑)。でもそんなイメージがあったらうれしいです。

宇野さんのチャームポイントは…

――では続いて二つ目の質問。だんだん歌詞に絡めていきたいと思います。“AAA宇野さんのチャームポイント”をお答えいただけますか。宇野さんは自身で答えるので難しいかとは思いますが…。

児嶋:う~んこれはムズいですね。

――なぜ児嶋さんが(笑)。

出典Spotlight編集部

(考え中…)

児嶋&宇野:書けました。


――ではお願いします!

出典Spotlight編集部

――児嶋さんは宇野さんの“スタイル”が魅力的だと思うんですね。

児嶋:内面もしっかりしてて料理もできてとか、色んな魅力はあるんですが、まず“細くてシュッ”としているのが目に付きます。宇野ちゃんをPVやテレビで見て、ちょっと筋肉質だったりというところがいいんですよ、チャームポイントというか、かっこいいですね。

――自身で分析していただく形になりましたが、宇野さん自身は「ドジなところ」がチャームポイントだと。

宇野:私は結構抜けてて、基本的にしゃべるのも遅いし、道を間違えたり、勘違いが結構多かったりして、イラッとされることがあるんです。

――それは「可愛い」とも捉えられそうですが。

宇野:本当はチャームポイントと思ってもらえたら幸せだな、と思っているんですけど。度を超えるとイラッとされますね(笑)。

――それを児嶋さんは感じていましたか。

児嶋:しゃべりがちょっとゆっくりというのはわかりますね、見た目はチャキチャキしてそうだけど結構おっとりしている。でもイライラしたことは全然ないですよ。

一方の児嶋さんの魅力は…

――では次は逆の質問です。“アンジャッシュ児嶋さんの魅力的なところ”を答えてください。児嶋さんは、自分のこういうところがいいところだなというのを書いていただければ。

児嶋:これも難しいな。

宇野:相手のことを答えるほうが難しい(笑)。

――よく考えていただいて…ではお願いします!

出典Spotlight編集部

――宇野さんは2つ書いていただきましたね。

宇野:あまり人が言わないような事を出そうと思いました。“おだやか”というのは児嶋さんに会った人はみんな感じると思います。テレビで観るとそんなイメージじゃないと思うんですけど、この方は絶対に怒らないんです。あと”背中”ですが、本人はわからないと思いますけど、後ろ姿がすごい男らしい。

児嶋:(身を乗り出し)どの辺が?具体的に?こんな事は言われたことがないよ。

宇野:(笑)男の人の背中はよく見ているんですけど、児嶋さんを見ていつも思うのが、体格がいいというのもあって、受けて止めてくれそうな印象があります。

――抱擁感があるということですね。

児嶋:それはうれしいね。自分は“大声が出る”ですね。普段から大声を出しているわけではなくて、声を出さなければいけない時にきちんと出るって意味です。この歌のレコーディングの時なんかも、「よく声が出てますね」と言われました。

宇野:確かに声は出てましたね。最初のレコーディングでそれは中々できないことだと思います。

宇野さんが気になる男性のパーツは…

――次の質問です。『なろうよ』PVでは、合コンで初めて出会った二人という設定でしたが、初めて異性に会ったとき、まずどこに注目しますか。

宇野:顔といったらちょっと悪い印象与えそう(笑)。

児嶋:でも顔じゃないの?

出典 YouTube

こちらがそのPV。二人の演技に注目です。

――「結構ここを見ちゃうな」というところを言っていただければと…。それでは見せてください!

出典Spotlight編集部

――児嶋さん、正直ですね(笑)。

児嶋:そうなるでしょう、顔以外なら足か胸でしょう。

宇野:足か胸といったら、胸という事ですね(笑)。

――お尻もありますけども…。

児嶋:お尻ね。確かに、僕ホットヨガをやるんですけど、鍛えているお尻はかっこいいなとより思うようになりました。でもぱっと目がいくのは“胸”かな。Vラインが開いていたら開いていたで見るし、開いてなくてもそれはそれで見てしまいますね。

――一方の宇野さんは「手」という事ですが。

宇野:好きな人の手が、どんな手の甲の形をしているのかなというのに興味があります。別に興味の無い人だったら、別に手がきれいだろうと好みの手でもどちらでもいいんですけど、好きな人だったら手を見て、どのような生活をしてるんだろうというのをイメージしちゃう。

出典Spotlight編集部

――ちなみに児嶋さんの手はどうですか、かなり綺麗ですが

宇野:う~ん、普通。

――(笑)

児嶋:
まあ普通だよねそれは(笑)。

異性にされるとキュンとすることは…

――ではラストの質問です。今回の曲は先ほども言いましたが、男女の恋の駆け引きがテーマにもなっています。それにちなみ「異性にこうされるとキュンとくる行動」を教えてください。ちなみにPVでは児嶋さんが宇野さんの頭をポンポンしていましたね。

児嶋:そうですね。難しいな、いっぱいある。

出典Spotlight編集部

――ではお願いします!

出典Spotlight編集部

――宇野さんは“頭をコツンともたれ掛けてくる”とのことですが、かなり積極的な行動ですね。

宇野:先ほどまで何のスキンシップも取ってこなかった人が、急に頭をコツンともたれ掛けてくるとキュンと来ますね。二人でいる時でも、何人かいる飲み会でもどちらでもいいのですが、酔っ払っているときではなくて、意識的にされるのがポイントです。

児嶋:これは全然意識してない人からされてもキュンとするの?

宇野:私が気になってる人だけ。これによって意識するとかはないです。もし好きじゃなかった人の場合は、上着を肩からかけてくれたらキュンと来る。別にその人が私の事を好きかどうかもわからないし、こっちも好かれてると受け取らなくてもいいわけだけど、そういうキザなことをさらっとやってくれるのはステキですね。

出典Spotlight編集部

――お待たせしました、児嶋さんは「ゴミを取ってくれる」とのことですが…。

宇野:何か付いてるよ、みたいな?でも確かにキュンとするかも。

児嶋:これはよくあるんですが「ゴミが付いていますよ」と言うだけの人もいれば、そう言ってサッと取ってくれる人もいる。言うだけなのか、行動に移すのかで差は大きいんです。それをやってくれると、「おおっ、ちょっと俺のこと好きなのかな?」と思いますね。

宇野:早いですね。

児嶋:そうなんです、僕はそういう事を思ってしまうんです。

――宇野さん、今度児嶋さんの服にゴミが付いていたらぜひ取ってあげてください。

宇野:全然取りますよ。

児嶋:違うの!そういうサバサバしたものではありません(笑)!

――最後に改めてお聞きしたいのですが、この『なろうよ』がどんな曲になっていってほしいですか?

宇野:色々な人にデュエットされる曲になって欲しいと思います。カラオケで歌いやすい曲になっているので、好きな人でも仲良くなりたい人とでも、この歌を歌って二人が盛り上がったりしてくれたらいいなと思います。

児嶋:もしかしたらカラオケで歌ったのをきっかけに、付き合って結婚ということもあり得ますよね。逆に全然ダメでも笑い話になりますし。とにかく色々な思い出を作っていただきたいと思います。

出典Spotlight編集部

一回り以上年齢が違う二人ですが、インタビュー中は気心知れた友人のように息の合った会話を繰り広げていたのが印象的でした。

今回紹介した『なろうよ』は、出逢った男女が恋に落ち、お互いの気持ちを探り合うような掛け合いが楽しいデュエットソングになっています。皆さんぜひチェックしてみてください!

<取材・文/Spotlight編集部、写真/長谷英史>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス